後藤学園
東京衛生学園専門学校

実技重視のカリキュラム。技術を徹底的に身につけ、どの道に進んでも活躍できる鍼灸マッサージ師に。

鍼灸マッサージ師を「一生の仕事」とする上で、最も重要なのが「基礎」。はじめに学ぶ基礎は全ての土台になります。東京衛生学園では「実技重視」のカリキュラムを設け、3年間を通して基礎を学びます。3年間の実技時間数は1,365時間。応用実技では、中医学、古典鍼灸、長野式治療、クラシックマッサージなど、幅広いジャンル、各流派の手技を学びます。美容、スポーツ、開業…など、どの道に進んでも活躍できる鍼灸マッサージ師を育成します。


創立65年の伝統、15,000名の卒業生ネットワーク。

1953年の創立以来、医療に特化した教育を継続してきました。伝統に裏付けられた経験と実績で、技術の習得、資格取得、就職まで強力サポートします。

何事も基本が大事。「基礎技術」を徹底的に学ぶ。

はじめに学ぶ基礎は、その後の鍼灸マッサージ師としての活躍を大きく左右する土台となります。姿勢、手の置き方・角度といった基礎中の基礎も徹底指導。3年間を通して基礎実技を習得します。

第一線の技術に触れ、視野が広がる応用実技。

応用実技では、臨床の第一線で活躍する講師をお招きして、臨床現場の感覚に触れながら質の高い技術を習得できます。さまざまな流派、技術を在学中に多く学べるので、鍼灸マッサージ師としての視野が広がります。

現場感を鍛える「臨床実習」。

患者さんへの対応・治療を実践する「臨床実習」を2年次後半から実施。臨床家の講師の指導のもと、少人数制のグループで問診から治療、フィードバックまでを繰り返し行います。卒業後すぐに治療をするためのスキルと自信が身につきます。

学生属性データ

在学生の性別割合

1部(昼間部)の男女比は、女性40%、男性60%。2部(夜間部)は、女性64%、男性36%でした(2018年4月入学生)。近年は、女性の入学者が増えています。

在学生の年齢層割合

2018年4月に入学した在校生の最年少は18歳、最年長は65歳。10代から60代までの学生が鍼灸マッサージ師をめざして共に学んでいます。

コース・カリキュラム

実技重視のカリキュラム。昼間部のほか、働きながら学べる夜間部も設置。

患者さんの症状を改善するためには、東洋医学の正しい知識と技術が必要です。そのため、本校では「実技重視」のカリキュラムを実施。特に「基礎実技」は3年間を通して徹底的に指導するので、将来どの道に進んでも対応できる基礎力が身につきます。さらにリンパドレナージや後藤流按腹術など、本校独自の手技も学べます。
働きながら学べる夜間部も設置。昼間部と同様のカリキュラムもサポートが受けられます。仕事と勉学を両立させながら、モチベーションの高い仲間と共に学べるのも2部の魅力です。

在校生の本音

東洋医療総合学科2部(夜間)3年 岩﨑 大起 さん

努力したぶん、充実感が得られる毎日!

先生方はとても熱心に指導してくれます。どんな質問にも応えてくれるし、参考になる資料を探してくれたり、お願いすれば空き時間の実技指導も行ってくれる。そのおかげで入学当時には「こんなスゴいこと、自分にはできない!」と思っていた実技も、練習を重ねるうちにできるようになっていました。それが自信に繋がって、もっともっと腕を磨こう!という気持ちになれるんです。衛生学園での学校生活は、私の人生でいちばんキツい毎日かもしれません。そのぶん、いままでで一番充実した毎日を過ごすことが出来ています。

国試合格率・国試サポート

毎年全国平均を上回る国家試験合格率を維持しています。

【2016年度 国家試験合格率】
あん摩マッサージ指圧師 100%(全国平均 84.5%)
はり師 92.9%(全国平均 67.0%)
きゅう師 96.4%(全国平均 67.7%)

【2017年度 国家試験合格率】
あん摩マッサージ指圧師 100%(全国平均 83.0%)
はり師 86.5%(全国平均 57.7%)
きゅう師 92.3%(全国平均 62.5%)

卒業生の声

2015年卒業 土屋慶幸さん(ワークス北参道鍼灸院 院長)

東京衛生学園には現場を見据えた学びがあります。

私は47歳のとき、長年勤めた証券会社を退職して衛生学園に入学しました。ゼロから専門的な技術を習得することには苦労しましたが、授業や実習、実技室開放の時間などをフル活用して、基礎から応用、実践的な部分までしっかり身につけることができました。卒業後すぐに開業できたのも、充実したカリキュラムのおかげです。日々の臨床では、先生方からいただいたアドバイスや教えに助けられていますね。今後の目標は、ストレス社会で頑張る方々を応援していくこと。患者さん一人ひとりにしっかり向き合い、信頼関係を築きながら、ベストな治療を行っていきたいと思います。

2016年卒業 田口咲さん(鍼美salon ゑまひ 代表取締役)

エステに鍼灸・あん摩マッサージ指圧を融合させた美容サロンを経営しています。

2年前、エステティックとはり・きゅう・あん摩マッサージ指圧の技術を融合させた、美容サロンを開院しました。施術は一人ひとりの身体や心の状態に合わせたオーダーメイド。手技によるマッサージがメインになります。そこに、鍼やお灸、カッピング、ラジオ波など、自分がこれまで学んできて「いい!」と感じたものを積極的に取り入れるようにしています。施術後は「気持ちいい」「幸せ」「ありがとう」の連続。その言葉が、私のすべての原動力になっています。細胞レベルで心身ともに満たされ、周りに気付かれるほど雰囲気から生まれ変わったお客さまからhappyの連鎖が起こり、毎月ご紹介に繋がっています。

講師・学校の魅力

基礎科目・実技は専任教員、応用実技は第一線で活躍する講師が指導します。

国家試験科目となる重要科目は専任教員が担当し、いつでも質問ができる環境を整えています。また実技授業では、常に複数の教員が立ち会い、学生一人一人の習得レベルに合わせてきめ細かくサポートしています。
「応用実技」の授業では、臨床の第一線で活躍する講師が指導します。古典鍼灸、長野式治療、クラシックマッサージといった、幅広いジャンル、各流派の治療法が学べます。

体験入学へ来てみませんか?

実技指導に定評のある東京衛生学園の「実技授業」を体験できます

学校の雰囲気・実技授業を体験できる「体験入学」を開催しています。
【開催日】
2018年10月28日(日)
2018年12月2日(日)
2019年1月13日(日)
各日 13:00~16:30(受付開始12:30~)

【開催場所】
東京衛生学園専門学校(JR大森駅より徒歩5分)

【プログラム内容】
・学科紹介
・模擬授業(鍼灸実技/あん摩マッサージ指圧実技)
・なんでも相談コーナー
・卒業生の話
・キャンパスツアー(希望者対象)

※参加ご希望の方は、学校ホームページより事前にご予約ください。
※プログラムは開催日によって異なります。最新情報は学校ホームページをご確認ください。

学費・詳細

「教育訓練給付金制度」「最終学年貸与奨学金制度」などのサポートあり。

●教育訓練給付金制度
一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者又は一般被保険者であった方が本校の上記学科に入学した場合、最大168万円の教育訓練給付金が支給されます。 詳しくは東京衛生学園の学校ホームページをご確認ください。
●最終学年貸与奨学金制度
学校独自のサポート制度です。最終学年に在籍し、経済的に修学が困難な者な方へ最終学年の納入金(3期・4期分)を貸与します。詳しくは東京衛生学園の学校ホームページをご確認ください。

そのほか、奨学金・修学資金制度のご案内もあります。まずは東京衛生学園までお問合せください。

学校案内

学校法人名・
学校名
後藤学園
東京衛生学園専門学校
所在地 〒143-0016
東京都大田区大森北4-1-1
アクセス JR京浜東北線「大森駅」中央改札口 東口より徒歩5分
京浜急行線「大森海岸駅」より徒歩15分
電話番号 03-3763-6621
ホームページ http://www.teg.ac.jp/
教育理念 本学園の建学の精神
「私たちの学ぶ技術は芸術であり 科学であり 職業でもある」を基盤にして「心ある、そして考える医療人を育てる」という教育理念のもと、学生一人ひとりの個性を大切にして、対象となる人々に寄り添い相手を慮る(おもんばかる)心を育みます。
常に多角的な視点から思慮深く考え、共創の心をもって医療を実践できる能力を育てていきます。
そして、生命の尊厳と人格を尊重し、自己洞察と他者理解を深め、 常に考え、推理し、判断し、医療を創造的に実践できる能力を養います。
さらに「保健」「医療」「福祉」と社会全体を視野に入れながら、 自らの専門性を向上させるだけでなくその発展に貢献できる人材を育成します。