鍼灸学校ってどんなところ?
2018/4/2

鍼灸師を目指せる学校とは?|本科や専科、夜間部など

鍼灸師(はり師・きゅう師)になるためには国家資格が必要です。

その国家試験を受験するためには、厚生労働省や文部科学省の認定を受けている大学もしくは専門学校を卒業しなくてはなりません。

鍼灸師を目指すことのできる大学・専門学校の数は、現在全国に約100校あります。

在学期間は大学で4年間、専門学校で3年間であり、学校では鍼灸師を目指すための座学や実技の授業が行われます。

学生の年齢層はさまざまで、下は18歳の高校を卒業したばかりの若もの、上は定年を迎えたおじさまと様々な人が通います。

また鍼灸の専門学校では、仕事をしながら通う人が多く、他にはなかなか類を見ないワクワクするような学校環境であるともいえます。

学校ごとに教育のカリキュラムや生徒のカラーがかなり異なるので、入学するにあたり、まず学校をよく選ぶことをおすすめします。

鍼灸の学校選びについて

鍼灸の学校選びについては、鍼灸学校の選び方:学校を決める際に注目すること5選の中で解説しているのでそちらをご覧ください。

特に鍼灸の大学・専門学校では、入学前に個別での学校見学、説明会を行っている学校が沢山あるので以下を確認することができます。

学費はどれくらいかかるのか

どんな先生がいるのか

・校舎など学校はどんな雰囲気なのか

通学にかかる時間はどれくらいなのか

実際に、学校の雰囲気を自分自身の肌で感じることをおすすめします。

学校の雰囲気については、鍼灸学校の雰囲気とは?年齢層や課外活動についての中で解説しているのでそちらもご覧ください。

鍼灸の大学・専門学校のことを詳しく知るまでは、業界的に少し固い雰囲気?真面目過ぎる人たちが多い?と考えるかもしれません。

実は鍼灸の学校には、とても個性豊かな学生がたくさん通っていて、意外と「地味」な世界ではないのです。

そんな未知なる領域、鍼灸の大学・専門学校について詳しく解説していこうと思います。

鍼灸の学校の本科・専科ってなに?

鍼灸師になるためにはこの本科・専科のどちらかを卒業する必要があります。

どちらを選んでも鍼灸師の国家資格を取得することができますが、この二つの学科の違いは、卒業後に取得できる国家資格の数です。

本科:はり師、きゅう師、あんまマッサージ指圧師

専科:はり師、きゅう師

専科を選んだ場合には、あんまマッサージ指圧師の国家試験の受験資格がないため、あんまマッサージ指圧師の受験はできません。

また、本科と専科では在学期間と座学授業のコマ数自体は同じですが、実技授業の内容は異なります。

本科は実技であんまマッサージの授業がありますが、専科にはないため、はりきゅうの実技の時間が本科に比べて多いことが特徴です。

もちろん履修科目が本科の方が多いため、学費は異なり、本科の方が学費は150万円ほど高額です。

在学期間が同じであり、卒業後の活躍フィールドが広がることなどの理由で、あんまマッサージ指圧師の志望者は多く、入学の倍率も本科の方が高いことが、違いとしてあげられます。

また、本科はすべての鍼灸の大学・専門学校にあるわけではありません。

専科のみの学校もあるため、まずは学校の学科や学費を調べましょう。

あんまマッサージ指圧師にできること

あんまマッサージ指圧師は、鍼灸師の国家資格者ができることの他に、患者さまに対してマッサージ指圧の技術により治療することが可能です。

例えば、学校のマッサージの授業では、人の皮膚に直接触れて、リンパの流れに沿ってむくみを解消するマッサージ手法の習得や関節の運動法を学ぶことができます。

この鍼やお灸を使わずに、手で行うマッサージなどの技術を手技といいます。

肌を撫でる手技にもそれぞれ名前がついており、幾つもの手法を習得できることがあんまマッサージ指圧師の特徴です。

余談ですが、世の中で「マッサージ」という言葉を看板やWEBで使っていいのは、あんまマッサージ指圧師の資格保有者のみです。

その資格がないと、「整体」や「オイルトリートメント」という表現を使うしかなくなるということは、覚えておくといいでしょう。

また、あんま指圧の授業では、薄い着衣の上から肩こり、腰痛の改善のためのあんま手技や便秘解消に役立つ腹部のあんま手技やを学ぶことができます。

手の形、体重のかけ方など、マッサージのプロフェッショナルとして国家資格を持ち活躍できます。

鍼灸の大学・専門学校を卒業後に、病院やリハビリ施設での就職を考えている人は、鍼灸あんまマッサージ指圧師の有資格者という募集要項も多いということを覚えておきましょう。

開業することを視野に入れている場合は、あんまマッサージ指圧師の国家資格を持っている方が、治療の幅が広がることは事実です。

このあたりは、夢の実現のためにも鍼灸の大学・専門学校選びの段階で、あらかじめよく調べておくことをおすすめします。

鍼灸の専門学校には、昼間部と夜間部がある?

鍼灸の大学・専門学校には、本科と専科があることは上記で説明した通りですが、鍼灸の専門学校では、さらに授業時間別のコースに分かれています。

午前部午後部夜間部のように、様々な環境の人が通いやすいように、授業時間帯が異なるコースが用意されています。

実際に、ある学校の授業時間とコースの例で比較してみましょう。

【鍼灸科(専科)】

午前部   9:30~12:40

午後部 13:30~16:40

夜間部 18:00~21:10

【鍼灸マッサージ科(本科)】

午前部  9:00~12:40

学校によって本科、専科に加え、コースが異なります。

仕事やアルバイトをしている場合は、自分自身の生活を考慮した上でコース選びをすることをお勧めします。

働きながら通える夜間部ってどんなところ?

鍼灸学校には夜間部というコースがあります。その名の通り、夜間に学校に通うことができるコースです。

学校にもよりますが、授業は18:00から始まり、1日2コマの授業数で学習のカリキュラムが進んでいきます。

夜間部の授業内容の面では、昼間部との差はありません。

また、将来受験する国家試験の内容も同じ学部です。

学校によっては、夜間部はすでに医療資格を1つ以上取得している学生のみが募集対象となる場合もあるため覚えておくといいでしょう。

こうした特別な場合を除き、一般的にすべての志願者が、昼間部、夜間部のどちらも志望することは可能です。

夜間部の最大の特徴としては、働きながら国家試験に挑めるという点です。

いまの仕事を続けながら、就業が終わった後、学校に通うことができます。

フルタイマーというワークライフスタイルを変えることなく学校に通えるので、退職の必要がなく現状の生活スタイルのまま学校に通うことが可能となるでしょう。

では、昼間部と夜間部で大きく異なることはどういった点でしょうか?

1つ目は、夜間部は昼間部と比較して、働きながら通学している人が圧倒的に多いという点です。

働きながら通学する人は多くいますが、昼間部では、午前または昼の時間に授業があるため、フルタイムでの勤務だと時間的な両立が難しく、時間の融通の利く仕事を選択し学校に通っている学生がほとんどです。

2つ目は、在籍している学生の年齢層が昼間部より夜間部の方が高い傾向にあります。

社会人を経験している学生が多いことが、夜間部の特徴です。

なかには、高校卒業後にアルバイトをしながら学費を工面し、夜間部に通っている学生もいます。

社会人として働きながら学校に通う場合は、同じような境遇の仲間がたくさんできるので、日々の生活の刺激になるでしょう。

実は1日3時間の通学でOK

前述したように鍼灸の専門学校の授業は、1日90分×2コマということになります。

つまり、実質的には通常授業時間のみを見ると学校にいる時間は3時間だけ、ということです。

しかし、通常授業の時間外に学校での就職セミナーや外部講師の講演会、学校によってはゼミなどの活動があります。

この通常授業以外の活動が充実していることも多く、せっかく鍼灸の専門学校に入学したからには、参加したほうがいいでしょう。

また、大学の教育課程を修了していない場合には、基礎科目の履修が必要です。

対象者は上記の時間外で通常授業のほかに『基礎科目授業』という中国語や英語の授業が必修となります。

もちろんテストもあります。

高校を卒業後、鍼灸の専門学校へ進学した場合には、この基礎科目の履修が必須になります。

そのため、ある曜日のみ通常授業に加えて、午後に基礎科目授業がある日も出てくるでしょう。

学校によってはこの基礎科目の曜日が違うので、対象となる場合には入学前に問い合わせてみましょう。

大学課程を修了している場合は免除申請が可能なので、大学課程の卒業証明書、成績証明書などを提出しましょう。

どうやって入学するの?入試の形態は?

結論から言うと、それぞれの大学・専門学校によってかなり異なります。

基本的な試験方式は同じです。

・一般入試

・社会人入試

・推薦入試

・AO入試

一般的な大学と同じような方法での入試となります。

一般入試といっても大学とは異なり、国語や数学、英語といった試験内容ではなく、一般常識問題(SPIの簡単なもの)と小論文/作文(テーマは医療系のものが多い)の記述形式をとることが多いようです。

AO入試などの特別入試では自己PRを書き熱意を図られるような入試もあります。

入試の作文課題が公開されていますが、中には、論述テーマが当日までわからない学校もあります。

対策としては一般的な医療のニュースは知識として新聞などで読み、それに対して自分の意見を持っておくことが重要です。

なお、面接はどの試験方法を受験した場合でも必ずあるので、必ず聞かれる志望動機と学費の工面に関しては、自分の言葉で話せるように練習しておいてください。

鍼灸学校の学費については、鍼灸学校の学費っていくら?学費の他にかかるお金とはの中で解説しているのでそちらもご覧ください。

あらかじめ、学費について確認しておくことをおすすめします。

鍼灸の大学・専門学校がどんなところかというと、皆さんがいま感じているほど固い雰囲気ではないようです。

別のコラムで、鍼灸学校の選び方や雰囲気についても記事を書いていますので、ぜひご覧ください。