鍼灸・美容鍼灸なら大阪府大阪市中央区東心斎橋の鍼灸院|鍼灸院 天空

しんきゅうselection大阪美容鍼9選 2017年

『しんきゅうコンパスSelection
大阪で人気の美容鍼サロン10選』
に選ばれました!
詳しくはこちら
  • クーポン発行店舗
  • 個室ですのでリラックスして施術が受けられます

お客様からの口コミ

これらの口コミは、他の患者様の主観的なご意見・ご感想であり、登録院を客観的に評価するものではありません。あくまでも一つの参考としてご活用ください。 また、口コミは、ユーザーの方々が施術を受けた当時のものです。施術内容、金額、治療メニュー等が現在と異なる場合がありますので、必ず事前にご確認ください。詳しくはこちら

全21件中 1件~10件を表示

  • Taro さん (男性|30代)

    満足度

    5


    2017.03.17 

    肩こりとそれにともないひどい時には吐き気もあった。
    夜も不眠気味で寝つきが悪く、寝ても1、2時間おきに目覚める様な感じだった。

    治療を受けて、肩こりもずいぶん楽になった。
    吐き気はもうほぼ感じる事はない。
    夜も寝つきが良くなり、全体的に調子が良くなってきており助かっています。

    毎回最初に今のコンディションを聞いてくれるので気になっている事も途中ではなく最初に話すことが出来るのでそれを踏まえた上で施術をしてもらえているという安心感がある。

    • 店舗コメント

      2017.03.30 14:52

      Taroさま

      コメントありがとうございます。
      いつもご来院いただき感謝申し上げます。

      ご返事が遅くなり申し訳ありません。

      最初に来院された時は、交感神経が過剰に興奮しているような状態でした。
      交感神経は自律神経の1つです。

      主に覚醒時に優位に興奮し、心拍数や血圧の上昇、筋肉内の血管の収縮、集中力を上げる、内臓の機能低下などの作用があります。

      Taroさまはお仕事の忙しさや長期的なストレスにより、常に戦闘モードになっているかのようでした。

      そのために、筋肉が常に緊張した状態になり肩こりが悪化、内臓の機能が低下することにより吐き気が起こったり、交感神経の覚醒作用のために不眠症状などが現れていたと考えられます。

      自律神経の中枢は脳の視床下部という部分にあります。

      そのため、視床下部の働きを整える治療を行っていくことで、交感神経の興奮を落ち着かせるようにしていけるのです。

      これにより、副交感神経が上手く働けるようになり、血流循環の回復や、内臓の働きが良くなり、質の良い睡眠をとれるようになっていきます。

      最近は症状が落ち着いてきておられるようでうれしく思います。
      また、お仕事が忙しくなった時に再び症状が悪化することの無いようにしていきます。

      今後ともよろしくお願い申し上げます。

  • はる さん (女性|30代)

    満足度

    5


    2017.03.02 

    仕事が忙しくなり、生活が不規則になり、今まで出なかった吹き出物と顔のむくみが気になっていました。

    以前にも美容鍼をしていただいた時に、吹き出物が治まっていたので、久しぶりに美容鍼をしてもらいました。
    顔だけでなく、手・足にもむくみがあり、自分でも意識していなかった疲れを溜め込んでいたのだと実感しました。

    鍼をしているうちに顔が引き上がっていくのがわかりました。

    施術後は顔がむくんでパンパンになっていたのが顔が小さくなったと思うくらいスッキリしました。足もすっきりしました。

    美容鍼で来院しましたが、顔だけでなく体(足)にも鍼をしてもらい、体もスッキリして来院して良かったです。ありがとうございました。

  • M さん (女性|50代)

    満足度

    4


    2017.02.10 

    アンチエイジングのため、美容針の治療を受け始めました。

    徐々に顔にハリが出てきているようになってきました。

    これからも続けていきたいと考えております。

    • 店舗コメント

      2017.04.02 11:31

      Mさま

      いつもご来院有難うございます。
      コメントもありがとうございます。

      Mさまはお友達のご紹介で当院に通って頂くようになりました。
      お仕事や家事などで、いつも忙しくされていて、
      そんな中で、鍼灸院に来るのが、楽しみとおしゃっていただいいています。

      お友達が当院で美容鍼灸をされていることを、話を聞いて興味を持って頂いて、
      来て頂くようになりました。

      Mさまは、顔のたるみや、目元のたるみが気になるということで、来院していただきました。
      元々、身体もあまり強くなく、疲れやすいことや、胃腸もあまり強くないとのことでした。
      はじめのうちは、あまり違いがわからないと言われていましたが、
      続けて頂いていることで、顔のハリを感じて頂けてうれしいです。

      鍼治療では、お顔に鍼をすることで、お肌のハリや弾力に関係している「真皮層」に働きかけることができます。
      この真皮層は、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作っているところです。
      紫外線の影響や、歳を重ねることで、産生量も減り、ダメージを受けます。
      真皮層の代謝が低下することで、ハリや弾力も落ちてきます。
      このことが、たるみやしわの原因にもなってきます。
      この真皮層は、化粧品なども、効能を届けることが、今、現在は難しいとされています。
      鍼治療では、真皮層に働きかけることにより、コラーゲンやエラスチンの働きを、促進することができます。

      また、足のツボを使い、疲れや、胃腸の症状を和らげるような、治療を心掛けています。
      これからも宜しくお願いします。

  • みほ さん (女性|30代)

    満足度

    4


    2016.12.04 

    後頭部に神経痛のような痛みがあり病院へ通い薬を飲んで様子をみていたけれどなかなか良くならず「神経痛には鍼がきく」とネットで載っていたので来てみました。

    鍼治療は初めてだったのではじめは効いているのかよくわからなかったけれども1回目以降、痛みがとれ、3、4回目には全く気にならないぐらいに回復してきたのですごい効果だと驚いています。

    これから肩こりなどでつらい時に来てみようかと思います。

    • 店舗コメント

      2017.01.06 16:30

      みほさま

      コメントありがとうございます。

      初めての鍼治療で、当院を選んで頂きありがとうございます。

      みほさまの頭痛は、後頭神経痛だったようです。

      病院に行き、出されたお薬を飲んでも、改善されなかったので、さぞ、お辛かったことと思います。

      神経痛にはお薬が効く神経痛と、効かない神経痛があります。

      みほさまの場合は、効かないタイプだったようです。

      なかなか治らない頭痛、初めての鍼治療でしたので、さぞ,緊張と不安でいっぱいだったと思います。

      カウンセリングの後、私を信じてくださり、安心して鍼治療を受けて頂き、感謝しております。

      さて、後頭神経痛は、正式な頭痛の分類には当てはまりませんが、一般的には頭痛の一つとされています。

      首の後ろから後頭部にかけて神経が伸びており、それが後頭神経になります。

      何らかのかたちで、後頭神経を締め付ける、あるいは、圧迫されることで生じます。
      特徴的には、ある方向に頭を動かしたときに「ピキ」と痛みが走ることが起きます。

      神経は柔軟性がありますので、単に締め付けられる、圧迫を受けるだけでは痛みが起きません。

      何らかのかたちで、神経が伸びた状態が続き、興奮した時に、圧迫などの機械的刺激を受けますと刺激が二重に重なり、痛みを引き起こします。

      他には、血流の悪化、持続されたストレスなどにより、血管からごくわずかに出血し、その出血した血液が回収されない場合に、化学変化が生じ痛み物質が作られた際にも頭痛が生じます。

      ただ、この場合の後頭神経痛ですと、お薬が効きます。

      みほさまの場合は、薬が効かなかったようですので、このパータン当てはまらないと考えられます。

      みほさまのような筋肉の締め付けや圧迫による神経痛には、鍼治療は非常に効果的です。

      鍼を傷んでいる筋肉に刺すことにより、その場所の血流が良くなり、緊張している筋肉が緩むからだです。

      筋肉が緩むことにより後頭神経への締め付け・圧迫が改善され痛みが消えていきます。

      頭、首を動かすことにより後頭神経が興奮して痛みを起こすことは、普段はありません。

      相当、その周りの筋肉が凝っていたので、起きたようです。

      そのあたりにしっかりと鍼治療して、筋肉を緩めるようにしましたが、1回で、元にどもることは少なく、数回の治療が必要になります。

      後頭神経痛の場合は、みほさまのように、3,4回で改善してきます。

      みほさまが感心されているように鍼治療の効果は凄いと、私自身も改めて実感しました。

      肩こりの間に、鍼治療に来て頂けますと、今回のような後頭神経痛の再発の予防になります。


  • さくら さん (女性|40代)

    満足度

    4


    2016.10.09 

    1年近く生理がなかった。不眠、肩こり、むくみのため来院。

    週に1回通い、1ヶ月でずっとなかった生理がきました。
    その他の症状も緩和されてきているので心身共に楽です。

    最初1~2回目の施術では正直変化がわからず不安でしたが、毎回その日の体調を聞いてくださってそれに合わせて施術してくださるので安心できるようになりました。
    順調に生理が来るようにしばらく通いたいと思います。

    • 店舗コメント

      2016.10.29 10:13

      さくらさま

      いつもご来院頂きありがとうございます。
      コメントありがとうございます。

      1年近く、生理が来なくて、大変、心配されたと思います。

      鍼灸治療を始めてから生理が戻るまで、3ヶ月はかかるかと思っていましたが、1か月で来て、私も大変うれしいです。

      その他にも、肩こり、不眠、むくみや冷えもあり、大変な思いをされながら、過ごされたようで、少しでも良くなり、よかったです。

      ここ最近、転職されたことも含め、大きなストレスが続いたことが、様々な症状を引き起こしたようです。

      強いストレスが持続しますと、どのような方であっても、身体の変調をきたします。

      さくらさまに、気持ちの問題などの何らかの問題があるわけではありませんので、その点はご安心ください。

      鍼治療を続けていきますと、脳の視床下部の働きが活発になります。

      この視床下部は、生理周期や自律神経の働きなどをコントロールしています。

      強いストレスが続きますと、この視床下部の働きが乱れ、生理不順、生理が来ない、不眠、むくみなどを引き起こします。

      この場所の働きが改善されることにより、それらの症状が少しずつ改善されていきます。

      また、前向き感、ストレスに強くなるようになる、物質が多くつくられるようにもなります。

      これにより、現在、ストレスに感じていることに対しての抵抗感がなくなってきます。

      さくらさまの症状が、改善、安定し、再発しないような鍼灸治療を進めていきます。

      今後とも、よろしくお願い申し上げます。

  • アヤコ さん (女性|40代)

    満足度

    5


    2016.09.30 

    美顔目的、くすみ、しわなどの緩和。

    次の日位から肌の調子がよくなっているのを実感する。
    肌のはり、つやがよくなる。

    その日の様子など詳しく聞いてくれて、それに合わせて施術してもらえるのがうれしい。(その時、日によって違うので)
    いろいろアドバイスしてもらえるのも参考になります。

    • 店舗コメント

      2016.10.29 09:42

      アヤコさま

      コメントありがとうございます。
      いつもご来院いただき感謝申し上げます。

      ご返事が遅くなり申し訳ありません。

      今年になってから、生理不順になり、生理が来るのが早かったり、遅かったりと、ご心配のことと思います。

      また、クスミ、クマ、シワなどが目立つようになったのは、大変、気になるところですね。

      他にも、寝つきの悪さ、途中で目が覚める、頭痛などのお悩みがあり、大変だと思います。
      少しでも、お役に立てるよう治療を進めていきます。

      生理の不順は、女性ホルモンだけでなく、男性ホルモンの分泌にも影響します。

      特に、生理不順により、男性ホルモンの分泌が増え、そのホルモンが科学的に変化をして、中性脂肪を作り出します。

      この中性脂肪はお肌から分泌されます。お肌に中性脂肪、すなわち、皮脂が増えるわけです。

      皮脂が増えますと、お肌に詰まりやすくなります。

      ニキビの原因となりますが、ニキビが出来ない場合でも、肌艶が悪くなり、クスミ・クマとなっていきます。

      また、皮脂が増えることにより、肌における保湿力が低下し、バリア機能も落ちます。

      これにより紫外線がお肌の奥まで入り込み、より肌細胞が破壊され、シワを作っていきます。

      生理周期を支配しているところと、自律神経を支配しているところは、同じ、脳の視床下部にあり、「ご近所」さんです。

      生理不順になりますと、自律神経も乱れやすくなります。

      この自律神経の乱れが、寝つきの悪さや途中で目が覚めることを引き起こしているようです。

      雨の日に頭痛になりやすいのは、気圧が下がり、神経、特に交感神経への圧迫が起こり、交感神経が緊張することにより生じているようです。

      アヤコさまの場合は、生理不順を改善することにより、ホルモンバランスが整い、お肌のバリア機能が高まり、クスミ・クマ、シワの改善に繋がるだけでなく、不眠や頭痛も改善が期待できます。

      今後も、美顔をメインにしながら、治療を進めていきますが、より、根本的に改善できるように、生理不順にもフォーカスします。

      また、何かあれば、いつでも、ご相談ください。


  • ちなつ さん (女性|30代)

    満足度

    5


    2016.08.06 

    首こり、肩こり、冷え症があった。

    最近は首こりの症状が出ていない。
    肩こりも施術してもらうと楽になる。
    冷え症も通院する様になってからさほど感じなくなっている。

    その時行った施術に対してきちんと説明してくれるので、わかりやすい。

    • 店舗コメント

      2016.10.29 09:14

      ちなつさま

      コメントありがとうございます。
      ご返事が遅くなり申し訳ありません。

      冷え症、肩首のコリで来て頂き、少しずつ改善しているようで、うれしく思っています。

      ちなつさまは、その他にも、入浴後の肌のかゆみや、寝つきの悪さなども持っていらっしゃいます。

      それはすべて、「冷え」が原因しているといえます。

      冷え症とはある意味に、血流の悪さと血液の質の問題と言えます。

      身体が暖かくなるのは、血液の温かさによります。

      また、新しい酸素を十分に含んだ血液が、身体の隅々まで行き届きますと、そこで、ガス交換が行われ、細胞に栄養が行き、活発に活動するようになり、冷えなくなります。

      肩こり、首コリも筋肉に栄養が十分に行き届かず、硬くなり、コリ感を感じるといえます。

      入浴後のかゆみは、皮膚から水分が蒸発し、保湿力が落ち、乾燥肌になり、痒みを感じているようです。

      このことも、皮膚の細胞に酸素や栄養が十分に届かず、角層の保湿力が低下し、入浴により体温が上昇した際に、思っている以上の水分が皮膚から蒸発して、感想を引き起こしています。

      寝つきの悪さも、身体の冷えによります。

      寝入る前に体温が上がり、手足が温もりますと、寝つきが良くなります。
      その後は、体温は下がっていきます。

      これは、脳の活動を休めるために冷やし、興奮を収め、深い眠りにつくためです。

      ただ、寝入りばなは、温もらないと寝付けません。

      ちなつさまが、寝付けにくい理由は、ここにあります。

      このように、ちなつさまの色々な症状は、冷えが原因といえます。

      今後は、この冷えが改善するように、血流の改善と呼吸が上手くいくような治療を中心に進めていきますので、今後とも、よろしくお願い申し上げます。


  • キミコ さん (女性|40代)

    満足度

    4


    2016.08.01 

    とても明るくて、良い院だと思います。

    美容鍼なので、急な変化はあまりわからないですが、若くは見られます。

    体も受けてみたいと思います。

    • 店舗コメント

      2016.08.04 11:17

      キミコさま

      ご来院ありがとうございます。

      また、ご友人を美容鍼灸コースにご紹介いただき、感謝しております。

      ニキビや吹き出物であれば、「消えた」と分かりやすいですが、肌の艶、肌理となると、確かに、なかなか実感できませんね。

      でも、周りから、若く見られることは、うれしいですね。

      角質層は、ターンオーバーにより28日周期で入れ替わっていますが、細胞自体の入れ替わりは、3ヶ月程度かかるとされています。

      ですので、実感できるまでには、3ヶ月程度、続ける必要性があります。

      また、お肌の艶、肌理をよくするのに関わっているのは、天然保湿因子、皮脂、角質細胞間脂質です。

      顔に鍼をしますと、経皮水分蒸散量が正常化され、皮脂や天然保湿因子、角質細胞間脂質の割合が適正になり、肌の艶、肌理の細かさを改善できます。

      ただ、それだけでは、不十分で、便秘や下痢、胃もたれなどの胃腸の改善もすることが大切です。

      これは、腸内環境により、それら物質の量に変化が生じるからです。

      胃腸状態が悪く、腸内に有害物質が増えますと、便だけでの排出では追いつかなくなり、皮膚からも排出されるようになります。

      その際に、皮脂、角質細胞間脂質や天然保湿因子が増えすぎたり、減りすぎたりして、肌荒れや乾燥肌・敏感肌を作りだします。

      キミコさんが、実感されているように、お顔だけでなく、身体の治療もすることにより、より若返ることができ、美しさを取り戻せます。

      これからも、少しでもお役に立てるよう努力していきますので、今後とも、よろしくお願い申し上げます。

  • hito さん (女性|20代)

    満足度

    5


    2016.05.08 

    普段パソコンを見ている時間が長いので、肩や頭が痛くなります。

    体がきつくなると、いつも天空を思い出します!

    すごく楽になるだけでなく、先生の人柄も大すきなので、ずっと通い続けたいです!
    ありがとうございました。

    • 店舗コメント

      2016.05.30 10:39

      hitoさま
      コメントありがとうございます。
      企画営業で、若くしてプロジェクトを任されることも多く、いつも忙しくされていますね。

      来院する機会も少なく、こられる都度に、ひどい肩こりや頭痛を訴えられるので、仕事が大変な様子が、伝わってきます。

      同僚の方から、hitoさまは「めちゃ、優秀」とおうかがいしていますので、それも仕方がないのかもしれませんね。

      治療前後の話からも、そのことは十分に分かりますので、できるだけ「答え」が出るようにと治療の際に心掛けています。

      幸い、毎回、肩こりや頭痛は、鍼灸治療の後には消えており、また、持続性もあるようですので、安心しています。

      hitoさまの肩こりは、パソコン作業という細かい動作の繰り返しと、モニター画面を見つめるという目の疲れから、来ています。

      筋肉の疲労といいますと、何か大きく体を動かした後、例えば、引っ越しの後になどに起きるというイメージですが、細かい繰り返し作業でも起きます。

      椅子に座って、モニターを見つめるという姿勢を保つことも、筋肉を疲労させます。

      筋疲労は酸素不足状態です。

      筋肉は酸素が不足しますと、硬くなっていきます。

      これが肩こりとなるわけです。

      凝っている場所に、鍼を刺し、緩めますと、血流が良くなり、新しい血液が流れ込み、ガス交換が行われます。

      これにより、筋肉の酸素不足が解消され、肩こりが改善されます。

      hitoさまの頭痛は、緊張型頭痛になります。

      緊張型頭痛は、従来、肩こりがひどくなり、頭痛になるとされていましたが、現在では、少し解釈が異なっています。

      集中して仕事をするときには、自律神経のうちの交感神経が活発に活動しています。

      この交感神経は筋肉にも入り、筋肉を栄養する血管に巻き付いています。

      交感神経の興奮により、筋肉も興奮し、血管は収縮します、これにより、酸素不足なります。

      この状態が、頭の筋肉や、脳を栄養する血管で生じたのが、緊張型頭痛です。

      ですので、肩こりから頭痛へと発展していくわけです。

      hitoさまの場合は、当に、このパターンです。

      肩や頭の筋肉の酸素不足を解消することと、血流を改善することを目的とした、鍼治療を選択し、上手く改善ができ、うれしい限りです。

      若くて優秀なhitoさまが、お仕事やプライベートが、充実できるようにおてつだいしていきますので、この五ともよろしくお願い申し上げます。

  • akiko さん (女性|30代)

    満足度

    5


    2016.04.24 

    肩こりがひどく、年末にいつも行ってたお店が閉まってしまったのをきっかけに来ました。

    来るまで、毎週あちこちマッサージに通ってて、1週間も持たなかったのですが、ここに通うようになって、少しずつ良くなっていっている感じがします。
    肩こりだけでなく、咳がひどい時なども咳どめのハリを打ってもらって楽になりました。
    なかなか仕事柄、肩こりが完治することはないと思いますが、定期的に予防できるように、うまく肩こりと付き合えるように通いたいと思います。

    • 店舗コメント

      2016.05.08 16:48

      akikoさま、コメントの投稿ありがとうございます。

      いつも通われていた治療院が、昨年末に閉院になったとのこと、さぞ、お困りだったと思います。

      数多い、鍼灸院の中から当院を選んで頂きありがとうございます。

      akikoさまの肩こりは、使い過ぎによる疲れからくるコリだけでなく、仕事の忙しさなどのストレスからくるコリの両方が重なった肩こりです。

      肩や腰などを含め、身体の筋肉には、筋肉を動かすための運動神経と外部からの環境に素早く対応できるようにと、自律神経のうちの交感神経が入り込んでいます。

      筋肉に、交感神経が入り込んでいるのには、理由があります。

      交感神経はストレス対応の神経で、逃げるか闘うかを決める神経でもあります。

      古代において、ライオンやトラに出会った時に、素早く逃げる必要があります。

      筋肉に交感神経が入り込んでいないと、トラを見て、「危ない」と判断して、それから、脳が筋肉に「逃げろ」と指示しませんと、動けません。

      それでは、危なく、危険を回避できません。

      交感神経が筋肉にありますと、逃げると決めると同時に筋肉が動きますので、トラを見た瞬間に逃げることができます。

      このようなことがあり、交感神経が筋肉に入り込んだわけです。

      現代ではストレスは、タイトな締め切りの仕事や、人間関係にあります。

      「何もしていないのに肩がこる」のは、このようなことによります。

      akikoさまの場合は、マッサージを受けても、あまり改善しなかったのは、この辺りに理由がありそうです。

      普通の肩こりであれば、マッサージを受ければ、気持ち良く、すっきりし、その効果も比較的続きます。

      ただ、akikoさまのような肩こりの場合は、緊張している交感神経を緩めるということをしませんと、なかなか改善しません。

      akikoさまは、風邪の後に咳が残りやすく、また、その状態も重く、咳が続き、夜眠れないこともあるとのことでした。

      内科でもらった咳止めも効かないほど、重症ということでした。

      akikoさまの場合は、このことにも交感神経の過緊張が絡んでいるようです。

      咳は気道(気管支)の炎症で起こりますが、その原因には、交感神経、副交感神経、その他によく分かっていない働きと、3つの原因があるとされています。

      このうち、交感神経のいたずらによる咳は、咳過敏症を引き起こしやすいとされています。

      akikoさまが、咳がひどくなり長引くのは、肩こりと同じように、交感神経の過緊張が引き起こしているようです。

      今回、咽に鍼をして、咽の筋肉の緊張を緩めたことと、交感神経の過緊張をほぐす治療が、うまくミックスされ、長引く咳の改善に繋がったようです。

      今後とも、鍼治療を続けていただければ、肩こりのコントロールだけでなく、風邪をひいた際に、咳が長引くという症状の改善に繋がっていきますので、よろしくお願いします。

      akikoさまの鍼灸治療では、毎回、筋肉を緩めることだけではなく、交感神経の緊張もほぐすということを加えていますので、少しずつ改善していきました。

全21件中 1件~10件を表示

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸用語辞典