鍼灸・美容鍼灸なら大阪府吹田市豊津町の鍼灸院|ワタナベ鍼灸院

  • 注目
  • 妊活に強い鍼灸院

投稿コラム

一覧に戻る

夏こそ冷えに要注意!

投稿日:2018/08/18

まだまだ暑い日が続きますが、お風呂をシャワーだけですませたり、冷たい飲み物をたくさん飲んでいませんか?実は冬より夏の方が冷えにご用心と言われています。

夏は外の暑さからクーラーをかけたり冷えたものを摂取しがちです。すると内外から体が冷やされてしまいます。全身の血液循環が悪くなったり、足先などの冷えた血液が心臓に戻るときに腰や腎臓、膀胱、大腸、子宮や卵巣の生殖器までも冷やすことになります。臓器が冷えると働きが低下し、子宮が冷えることで子宮周りの血液循環が悪くなり妊娠への影響も出てきます。

また夏は外が暑いので気付きませんが、気温が下がる秋や冬になると夏に溜め込んだ冷えにより体がだるくなり体調不良につながっていきます。

 

そこで夏こそその日の冷えはその日のうちに取り除きましょう。

まず、ぬるめのお湯で半身浴をして身体をしっかり温めましょう。夏は暑いのでシャワーになりがちですが、身体を温めることに入浴はとても大切です。

また食事にスープなどの温かい一品を加えましょう。

東洋医学では三陰交というツボが足首から下の冷えに効果があります。内くるぶしから指4本分膝方向に上がった骨のきわにあります。お灸でしっかり温めることをお勧めします。

 

夏は熱中症の危険もありますので、外から帰ってきたときなどは冷たい水を飲むことも大切です。ですが冷やしすぎにより溜まった冷えは体に害を及ぼしてしまいます。秋になる前の今のうちからお身体の冷えを心がけてみてください。

ワタナベ鍼灸院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典