鍼灸・美容鍼灸なら東京都新宿区高田馬場の鍼灸院|痛快堂治療院

  • クーポン発行店舗
  • 昭和61年開業32年「痛み」の鍼灸治療院 痛快堂

投稿コラム

一覧に戻る

ランナー・アスリートとしんきゅう・シリーズその③ 着地のはなし

投稿日:2017/01/21

ランナー・アスリートとしんきゅう・シリーズその③

 

着地のはなし

 

□着地とは?

文字通り地面に接する足のことです。

 

□着地方法は?

①かかと

②つま先

③足の裏全体

3種類です。

 

問題がなければどの部分の着地でも良いようです。ただし足先だけで着地方法を変えても、結局は無理なフォームとなり、痛みの原因になります。

JBMA日本盲人マラソン協会 2016.12.04 34回神宮外苑ロードレース スタート風景

 

□接地時間とは?

地面と足が設置している時間のこと。言い換えれば脚に負担がかかっている時間、地面との接地時間が長いほど脚も後ろに流れてしまい、負担の増加は痛みの原因となります。

 

 

□理想の着地位置は?

 体重(重心)が乗る位置です。上半身が前に移動しているので足の着地~体重が(お尻がかかとの上に乗る)まで時間差(タイムラグ)があります。身体の真下で重心を乗せるには、まずは前に足を出すことが大切。遅れるとベタベタ走りになりこれもまた障害の誘因になります。前に出しすぎはブレーキになるのでコツをつかんでください、

JBMA日本盲人マラソン協会 2016.12.04 34回神宮外苑ロードレース コンディショニングブース:受付風景

JBMA日本盲人マラソン協会 2016.12.04 34回神宮外苑ロードレース コンディショニングブース内:施術風景

 

ランナー障害の方の治療の際に一番使い込んでいるランニングシューズ、スニーカーを履いてきてくださいとお願いしています。

ソールの減り方を見るでたくさんの情報が得られるので大変参考になります。走ることが楽しくてしょうがないけれど、少し体に不具合が出てきた、後に痛みを感じるなどランナー障害の兆候がある方はお早めの治療をおすすめいたします。

JBMA日本盲人マラソン協会 2016.12.04 34回神宮外苑ロードレース コンディショニングブース:スタッフ集合写真

JBMA日本盲人マラソン協会 2016.12.04 34回神宮外苑ロードレース 左より施術者・障害者ランナー・伴奏者。私と盲導犬

 

□次回はランニングフォームと腰痛などお伝えする予定です。よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

痛快堂治療院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典