鍼灸・美容鍼灸なら東京都世田谷区奥沢の鍼灸院|はり・きゅう・マッサージ治療院 THE DiME

  • カラダにふれることは心にふれること

投稿コラム

一覧に戻る

よくあるぎっくり腰(PART1)

投稿日:2017/02/15

皆さん、こんにちは

はり・きゅう・マッサージ治療院 THE DiME の小井手智啓です。

寒暖差の激しいこの時期、急増する症状が「ぎっくり腰」。

 

まずこれだけは覚えてください。

「ぎっくり腰」の大半は筋膜の癒着部が引き延ばされることにより起こった疼痛です。

急に痛くなった」からとはいえ、炎症は起きていません

※ 炎症とは、腫れ、熱感、発赤、疼痛が起こっている状態です。

無闇に「冷やす」ことは避けてください。

そして、最近テレビでも言われていることですが、

動けそうでしたら動いてください。

痛むからといって大事にし過ぎるとかえってその状態で筋膜が硬くなります。

 

ここからが本題です。

「ぎっくり腰」のよくあるパターン。

『椅子から立ち上がる時に痛めた』

この場合、大半が「大腰筋」からによる痛みと考えられます。

症状は、

ズボンをはく時に痛む

靴下がはけない

顔を洗う姿勢を取れない   などなど

人によっては、お辞儀した時にお臍がずれているように感じる人もいます。

痛めた時の対処としては、

硬めの寝具で横になりゴロゴロする

仰向けの状態で「伸び」をするといった動作がいいはずです。

 

外出できるようになった時は、専門家の施術を早めに受け、

変な癖がつかないように対処してくださいね。

 

PART2はまた後日アップいたします。

 

 

 

はり・きゅう・マッサージ治療院 THE DiMEの投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典