鍼灸・美容鍼灸なら宮崎県宮崎市大淀の鍼灸院|はり・きゅう HARUリラクゼーション

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 南宮崎駅から徒歩3分/宮崎市の鍼灸院

投稿コラム

一覧に戻る

Drに「どこが悪いんでしょうね」と言われた時に読むページ

投稿日:2018/08/19

先日30代女性で体外受精をされている患者様にこんな相談を受けました

 

「病院に行って頑張っているんですが、もうだめかもしれません」

 

今にも泣きだしそうですが勇気を出して話してくれました

 

どうしたのか尋ねると

 

かかっている病院のドクターに

 

「どこが悪いんでしょうね」と言われたそうなんです

 

ちょうど1回目の体外受精を終えて、結果ともなわなかった矢先の発言

 

患者様にとってはタイミングが悪かったようです

 

このタイミングでドクターに言われたのでネガティブにとらえてしまったようです

 

ドクターは、「どこも悪いところは無い」と伝えたかったのではないでしょうか?

 

「だから安心して次を頑張りましょう」こういう意味合いも含めて

 

「どこが悪いんでしょうね」と発言したのではないでしょうか?

 

発言の内容もですが、言葉ってすごく難しくて

 

発言する側の言葉の種類や

 

聞き取る側の解釈によっても様々な捉え方ができます

 

なので私は鍼灸師としてこうお伝えしました

 

「どこが悪いか見つけることができないのであれば、病院を変えましょう」

 

「ずっと同じところに通う必要はありませんよ」

 

高度生殖は高額です

 

無理して通う必要はありません

 

そうやって転院された患者様は現在では納得して高度生殖を受けられています

 

今ではあの時「どこが悪いんでしょうね」と言われてよかったですと言われています

 

高度生殖にも患者さんと『合う・合わない』といった相性もあります

 

これまでの患者さんの経験をもとに

 

鍼灸師としてアドバイスさせていただきます

 

1人で悩まずに、お話しして下さい。

 

一緒に頑張りましょう(^^)

 

はり・きゅう HARUリラクゼーションの投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典