鍼灸・美容鍼灸なら宮崎県宮崎市大淀の鍼灸院|はり・きゅう HARUリラクゼーション

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 南宮崎駅から徒歩3分/宮崎市の鍼灸院

投稿コラム

一覧に戻る

鍼灸を受けるなら採卵日?移植日?

投稿日:2018/07/28

今回は鍼灸を受けるタイミングについて書いていきたいと思います

 

現在体外受精に向けて頑張っている患者様から

 

先日こんな質問を受けました

 

「さらに妊娠の確率を上げるためには鍼灸の回数を増やすといいとネットで見ました」

 

「採卵するときがいいのですか?」

 

よく勉強されていて体質も変わってきていることから

 

妊娠に向けて前向きに取り組めているようです

 

答えは回数を増やすといいです

 

増やすタイミングは移植日の前後

 

なぜ移植日の前後がいいのか?

 

それは

 

◇これまでの経験からこのタイミングで鍼灸を増やすと着床率が上がっているため

◇移植日前後は施術方法を変えるため

◇移植で受ける体への負担を和らげるため

◇移植前後のストレス・不安・緊張をリラックスさせるため

 

このような理由から当院では移植日の前後に鍼灸の回数を増やすことを勧めています

 

ここで一つ知っておいていただきたいのですが

 

移植日前後だけ鍼灸をしたらどうなんですか?

 

とよく聞かれます

 

答えはしてみる価値はあるです

 

ですがご懐妊される確率は

20人に0~1人→0~5%

 

週1回の通院を3ヶ月(約12回)続けられた場合ご懐妊される確率は

20人に9~10人→47.2%

 

当院ではこのような結果が出ています

 

 

卵胞がしっかりと育つまでにかかる期間が約3ヶ月と言われています

 

当院での結果もやはりその3ヶ月と同じで

 

2ヶ月よりも、3ヶ月通われた場合の方が結果としては47.2%

 

と良い結果となっています

 

この数字を踏まえたうえで患者様がご納得いただいているのであれば

 

チャレンジしてみる価値はありますよ、と当院ではお伝えしています

 

もちろん結果が0%であれば価値はないと判断しますが

 

子供ができなくて悩んでいる方の希望になればと考えています

3ヶ月といっても様々な事情でなかなか通えない方

 

仕事、遠い、時間、お金、家族、不安

 

ただでさえ子供ができなくて悩んでいる方

 

そんな方のために当院では鍼灸をしています

 

可能性はゼロではありません

 

あなたが望むのであれば

 

期待に応えられるようこれまでの知識・技術を全力で提供します

 

あなたが頑張りたいとそう思うのであれば、一緒に頑張ります

 

1人で悩まずにどんな小さなことでもかまいません

 

そのままをご相談ください

 

あなたが踏み出す1歩の勇気、私たちが受け止めます

 

最後まで読んでいただきありがとうございました

はり・きゅう HARUリラクゼーションの投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典