鍼灸・美容鍼灸なら東京都江東区毛利の鍼灸院|住吉鍼灸院

しんきゅうselection東京不妊治療13選 2018年

しんきゅうコンパスSelection
東京の不妊鍼灸サロン13選
に選ばれました!
詳しくはこちら
  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 豊富な臨床経験で根本的な体質改善をしませんか?

投稿コラム

一覧に戻る

栄養って何するの?

投稿日:2018/04/27

妊活を始めたけど、どんなことに気をつけて生活したらいいんだろう…?

今回は、基本の栄養素についてです。
妊活中のお食事も、基本的には、 バランスよく栄養をとることが大切になってきます。
栄養ってバランスよく取った方がいいのは知っていても、 からだの中でどんな役割をしているのかご存知ですか? 今回は基本的な栄養の役割をお伝えしていきます。





■ビタミン・ミネラル

体の機能や健康維持に活躍する栄養素です。 ビタミンは老化やからだのサビのもとである活性酸素を除去し
ミネラルは体の細胞の構成成分の一部になります。
ビタミンの多くは水溶性なので、 スープなどで溶けだした汁ごといただくといいですね。



■炭水化物
体を動かす第一の燃料であり、 脳の唯一の栄養源でもあります。
ただし、量によっては糖尿病や肥満につながる可能性もあるので 適切なカロリーコントロールが必要です。 1日の必要量は、500~600gです。



■タンパク質
皮膚、爪、髪、骨など体の細胞を作るのに欠かせない基本材料です。 不足すると基礎代謝が落ちて体調不良になりやすくなります。

肉、魚、卵などの動物性たんぱく質は、
1日2種類以上とるのが理想です。





■脂質

太ってしまうイメージの脂質ですが、 体の第二のエネルギー源であり、 女性ホルモンや男性ホルモンの構成成分でもある大切な栄養素です。
ナッツや植物油などの良質な脂質はしっかり摂取しましょう。

とはいっても忙しい毎日の中では毎回の食事を作るのさえ難しく、 付き合いでアルコールを飲むことや、外食、ストレスにもさらされています。
そこで、神経質になりすぎず、1週間でバランスを整えてみてはいかがでしょうか。

また、
朝ご飯を抜いたり、コンビニで済ませてしまうことも多い現代女性にとって、 食事のみで栄養をとるのは難しいようです。
とくに妊娠の初期に必要な葉酸は、 1日の必要量をとるためにはほうれん草3束ほど食べる必要があります。

足りない栄養素はサプリメントを利用するのも賢い選択です。 ストレスにならないよう工夫しながら 必要な栄養素を偏りなく摂ることを心がけてみましょう。
今回は、健康でいるためにとっても大切なことをお伝えしました。


自分を作る大切なお食事を見直すきっかけになれば幸いです(^^)
4月27日 23:26

 

 
住吉鍼灸院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典