鍼灸・美容鍼灸なら新潟県新潟市中央区笹口の鍼灸院|Well-beプラーカ鍼灸室 ボディケアサロンwellciesta

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 新潟で美容鍼のことなら

投稿コラム

一覧に戻る

紫外線にはご注意を。

投稿日:2018/06/15

 そろそろ新潟も梅雨入りしそうな時期がやってきました。ジメジメしたり、涼しかったり、厚かったりと、体調管理が大変ですね。そんなこの時期に注意して頂きたいのが「紫外線」です。

 

 「紫外線」と聞くと、日焼けやシミなどを気にされる方も多いと思いますが、実はたるみにも大きな影響があるのです。また、紫外線には「UVA」「UVB」「UVC」などの種類があり、それぞれ影響を及ぼす内容に違いがあるのです。

 

 「UVC」はほとんどがオゾン層で防ぐことができるため、影響を及ぼしません。「UVB」は一部が通過し、お肌に影響を与えます。日焼けやシミを引き起こし、お肌が赤くなったり、ヒリヒリしたり、肌が荒れたりするのはこの「UVB」の影響が考えられます。紫外線を吸収するためにメラニン色素が出てくることで日焼けとともにお肌の炎症を防いでいるのです。

 

 残る「UVA」ですが、実はこちらが一番厄介です。お肌の表面を通過し、表皮の下の真皮の層まで到達し、コラーゲンやエラスチンなどにダメージを与えます。そのため皮膚を引き上げる力が弱まり、シワやたるみの原因になってしまうのです。お肌の老化の原因の8割は紫外線が原因とも言われています。コラーゲンやエラスチンなどはお肌の表面と皮下組織である筋肉などとをつなぐ大切な役割をしているのですが、その生成は非常に緩やかで代謝も遅いのです。紫外線のダメージに修復が追い付かず、シワやたるみが・・・真皮層には外側から美容液などを使っても成分はほとんど届かないため、直接または内側から補っていく必要があります。そのため当院では美容鍼灸という方法でマイクロトラウマを作り、コラーゲンの生成を促進していくのです。

 

 では、紫外線を浴び続けるとどうなってしまうのでしょうか。
・シミが増えたり、濃くなる。
・肌が荒れる、厚くなる。
・シワが増える。
・肌のハリが失われ、たるむ。
・皮膚がんの恐れも。

 

 紫外線はカラダにとっても必要なものでもあるのですが、浴びすぎると注意が必要です。特に5~8月にかけて非常に多く、10時~14時頃がピークとされています。曇りや雨の日でも関係なく降り注いでいます。外出の際には、しっかりと紫外線対策をしていきましょう。

Well-beプラーカ鍼灸室 ボディケアサロンwellciestaの投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報