鍼灸・美容鍼灸なら東京都港区南青山の鍼灸院|おおした鍼灸院

  • お気軽にご相談下さい

投稿コラム

一覧に戻る

喉の痛みに良いツボって??

投稿日:2017/09/28

「喉の痛み」を訴える人が増えている今日このごろ、東洋医学的に呼吸器系は肺の経絡ですが、冬は暖房、夏は冷房、寒暖の差に耐えられない体の方が多いですから、寒くなる前に腎経の変動も観察したいところです。

冷えが深くまで入って腎経と脾経のバランスが崩れて、肺との関係も悪くなった…なんて考えながら治療すること多いです。

喉の痛みですが、「太谿」というツボに反応を求めることが多々あります。

このツボの意味、「太」は大きいという意味で「谿」は渓谷とかと一緒の意味。大きな溝に冷えがはいる、、そんなイメージで捉えています。

この太谿は腎経の原穴で、冷え性や足腰の痛みやだるさによく使われます。また腎経の兪土穴、つまり腎経の中では腎を痛めつける、いわば剋穴なので、脾経とのバランスを観察するのに反応調べることが多々あります。

ちなみに太谿穴の場所は内くるぶしの高まりとアキレス腱との間の凹んだところ。

ここに皮内鍼を入れると喉の痛みが引くこと多いです。

おおした鍼灸院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸用語辞典