鍼灸・美容鍼灸なら神奈川県横浜市栄区笠間の鍼灸院|はり・灸 松野治療室

  • 注目
  • その痛み、あきらめないで!!大船駅笠間口徒歩4分

投稿コラム

一覧に戻る

目の疲れ・眼精疲労

投稿日:2017/02/15

こんばんは、はり・灸 松野治療室の 松野です。

今回第6回目のコラムは目の疲れ・眼精疲労についてです。



PCが普及し始めて、ここ数年はスマホが必須になってきて
僕がこの業界に入った20年前と比べると、首から上の症状を訴える人が
本当に増えたなと感じております。


人は1分間に何回まばたきをするか知っていますか?



男性で約20回・女性で15回だそうです。

ちなみに
読書をしている時:10回

編み物をしている時:7回
運転をしている時(スピードが遅い時):10回
運転をしている時(スピードが速い時):4~5回
PCを見ている時:3~5回

この状態が続くとドライアイになっていく可能性大ですね。


次に姿勢です。



意外と知られていないのが、姿勢による目の疲れ。特にパソコン作業などで長時間姿勢の悪い状態が続くと、目に負担がかかります。背筋を伸ばした正しい姿勢を心がけましょう。
必ず両足を地面につけ、画面から40~50cm離れた位置に目がくるようし、
目線は画面の中央より少し下にくるように。
目線が下にくると眼球の露出が減ってドライアイになりにくくなりますよ。

目は、物を見る時にピントを合わせようと働きます。この時に使われるのが、目の筋肉。長時間パソコン画面を見ていると、この筋肉はずっと働き続けていなければなりません。その緊張状態が続き、目が疲労してしまうのです。
こまめの休憩が大切です。

最後にツボの紹介を。

当院で一番人気の目に良いツボは”睛明”というツボです。
かなり強烈な打ち方をしますが、目の疲れのひどい方ドライアイの方は殆どリピートします。

気になる方は是非体験してみてください。

その他にも、攅竹・魚腰・太陽など目の周りのツボも使います。

一番いいのはPC・スマホを見ないことなんですが、
今の世の中そんなことは言ってられないので、
長時間続けてみないとか、運動をしたり、鍼灸治療したりと
こまめのケアを心がけてください(^.^)





はり・灸 松野治療室の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸用語辞典