鍼灸・美容鍼灸なら愛知県名古屋市中区栄の鍼灸院|中部治療院(美容鍼・ハーブリプロ・不妊症・生理痛・腰痛・肩こり・頭痛の方はこちら)

投稿コラム

一覧に戻る

足の痺れ

投稿日:2017/09/21

本日は足の痺れを訴えて来院された患者様の症例報告を致します。

 

70代男性 2,3カ月前から朝起きると両足が痺れた状態が続いており、夕方くらいになると痺れは感じなくなるそうです。歩く事に支障は無いが、自分の足じゃない感覚が気持ち悪いとのことでした。

過去に同じ様な症状は無く、交通事故などの既往歴もなし。通院等もしていないそうです。ただ毎日の日課として1万歩程歩かれているそうです。

いらした時はお昼過ぎでしたので、まだ若干痺れを感じていたそうです。

整形外科テストによる陽性反応は無く、特に圧痛もありません。

しかし腰を前屈してもらうと臀部から太ももの裏にかけて激しくつっぱり、あぐらもかけない程、股関節が硬くなってました。これにより臀部と太ももの筋肉の柔軟性の低下、ならびに筋肉の過緊張による痺れなのではと推測し、鍼治療を施していきました。

施術後、もう一度腰を前屈してもらうと、明らかに最初より指先が床に近づいていました。

「まさかここまで変わるとは思ってもいなかった」とご本人もこれには大変驚かれていました。

同時にあぐらも片方ずつなら床と水平になるくらいまで倒せるようになっていました。

一週間後、その後の経過を聞いてみると、朝の痺れはまだ少し感じるものの、「自分の足」だという感触が戻ってきて、痺れの程度が始めMAX10だったとしたら3くらいまで軽減したそうです。

この日も引き続き治療も行いつつ、お一人で出来るストレッチを指導させていただき、様子を診てもらうことにしました。

必ずしもヘルニアだから、坐骨神経痛だから、骨が歪んでいるから、神経に触れているからと言って痺れが出ているとは限りません。問題となっている筋肉に的確にアプローチしてあげるだけでも症状は大いに変化します。レントゲンを撮ったが異常がないと言われ、湿布や鎮痛剤も効かない…成す術がないと思わず、ぜひ鍼治療も選択肢の一つとしてどうぞご検討下さい。

中部治療院(美容鍼・ハーブリプロ・不妊症・生理痛・腰痛・肩こり・頭痛の方はこちら)の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸用語辞典