鍼灸・美容鍼灸なら兵庫県神戸市灘区森後町の鍼灸院|ミントはり灸院

  • クーポン発行店舗
  • 豊富な症例と丁寧なカウンセリングで根本改善します。

投稿コラム

一覧に戻る

腰痛の原因は子宮にあった

投稿日:2018/08/14

こんにちは、ミントはり灸院です。

 

院内で毎月作っているニュースレター。私は観た映画を紹介しているんですが

 

ある月どうしても観ることができず、

 

大好きなマツコ・デラックスの番組を

 

記事にしたら患者さんからたくさんの反響がありました。

 

見ていなかった番組を教えてもらったので

 

楽しみが広がりました。

 

 

=====================================

~腰痛の原因は子宮にあった~

 

当院では必ず初診でお腹、顔周りを触診し、内臓の状態をチェックします。

 

触診では患者さんが気づかないような小さな不調や未来に起こりそうな不調まで

 

皮膚に表れます。

 

Y さんはもともと耳の不調で来院。同時に腰痛の治療もしていました。

 

耳の治療が終わりしばらく経ってから

 

「腰痛がひどくて。診てもらえませんか」と来院されました。

 

触診をすると子宮、膀胱に強く反応が出ていました。

 

聞くと「実はこの数か月PMS(月経前症候群)と生理痛が酷くて

 

1週間近く腰痛と腹痛が続くんです」と話していました。

 

生理前の子宮の内膜は厚くなり、子宮の緊張度が高まります。

 

子宮内膜に小さな炎症があるとその上にある

 

腹筋や皮膚が緊張し、その結果お腹が痛くなります。

 

また反射を介して後ろ側にある腰やおしりの筋肉を固くさせ腰痛になります。

 

そう説明をすると「確かに鍼灸治療をしていた時期は腰痛も生理痛も軽かった」そうです。

 

それ以来、毎月生理前には身体のメンテナンスも兼ねて必ず治療に来られます。

 

腰痛と腹痛が格段に減り、薬を使わなくて済むので家の用事が捗ると喜んでいました。

 

=====================================

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

今日の記事はいかがでしたか。

 

少しでもお役に立てれば嬉しいです。

ミントはり灸院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典