鍼灸・美容鍼灸なら大阪府堺市北区中百舌鳥町の鍼灸院|ゆとり鍼灸治療院

しんきゅうselection大阪不妊治療12選 2017年

しんきゅうコンパスSelection
大阪の不妊鍼灸サロン12選
に選ばれました!
詳しくはこちら
  • 大学講師が率いる治療院で根本的な体質改善しませんか

投稿コラム

一覧に戻る

妊活中のお悩みで多いむくみについてですよ!

投稿日:2017/12/10

こんにちは。

大阪堺市にあるゆとり鍼灸治療院です。

今年は寒くなるのが早いですね~。朝晩の冷え込みがきついですね~。

紅葉をもう少し楽しみたいですが・・・。

今回は妊活中に方のお悩みで多い「むくみ」についてお話ししていきますね。

むくみを気にする女性のイラスト

 冬になり、冷えてくると体液(血液・リンパ・脳脊髄液など)の循環が悪くなります。そうなると重力の関係で下に溜まりやすくなります。女性は男性と比べて筋力が少ない分足のむくみが現れやすくなります。

むくみの原因

①循環のが悪くなる

足の体液は筋ポンプ(主にふくらはぎの筋肉の作用が強いですが)により心臓に向かって戻っていきます。その性質上筋力が弱い、立ちっぱなしや座りっぱなしの人は足のむくみが出やすくなります。一般的に言われている足のむくみは循環の悪さが原因と言われている理由になります。

弱った筋肉のイラスト

②自律神経の影響

自律神経には交感神経(活動時に中心的に働く)と副交感神経(睡眠中やリラックスしているときに中心に働く)で調整されています。

現代社会では交感神経が活動している時間が一日の間で長っくなる傾向があります。睡眠不足、スマホやパソコンの使用による脳への刺激、肉体労働よりも脳労働のほうが多くなっています。AIがますます普及してくると脳労働が多くなりますね。交感神経が働くと筋緊張が起こり、脳への血流量が多くなることと血管の収縮も起こり全身への血流が低下しやすくなります。

パソコンに熱中する人のイラスト(女性)

目の疲労回復や脳への負担を軽減することや睡眠(睡眠中は副交感神経が中心に働くため)やゆっくり入浴することを増やすことで、体液の循環が良くなり、むくみの解消にもなるんですよ。重力による影響の改善だけでなく、身体の循環する仕組み自体の改善を行うことです。

③東洋医学の知恵を活用する

東洋医学では体液の循環は「肺」「脾(胃)」「腎」が関連していると考えられています。

「肺」は胃腸で吸収した水分を全身に循環させる働きがあります。体液の循環を管理しているとも考えられています。その部分を担っているのが「呼吸」なのです。最近では「猫背」や「巻き込み肩」や同一姿勢により呼吸が浅くなりがちです。そうすると肺の働きが弱くなり、水の循環が低下してしまいます。汗の調節も働きの一つです。

「呼吸」が関連しているとは驚きですね!

むくみ解消法

①ふくらはぎの筋肉のトレーニングならびにストレッチを1日1回習慣的に行う。むくみ解消+下肢静脈瘤の予防にもなります。

 

②スマホやパソコンの使用時間を減らす。目を温めたることで眼精疲労の解消。

そして「睡眠」。睡眠に質の向上も効果的です。

ホットアイマスクをつけた人のイラスト(女性)

③一日の中で、深呼吸と肩甲骨運動を取り入れる。「猫背」や「巻き込み肩」の解消も効果的です。肩こりや疲労回復にも役立ちますので「一石二鳥」ですね!

ぜひ根本的なむくみ解消と東洋医学の知恵を生活に取り入れてくださいね!

 ご相談ご質問はゆとり鍼灸治療院のHPのお問い合わせよりお気軽にどうぞ。

http://yutori-kanpousinkyu.com/html/case1.html

鍼灸院のイラスト

ゆとり鍼灸治療院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸用語辞典