鍼灸・美容鍼灸なら兵庫県西宮市染殿町の鍼灸院|まつむら鍼灸整骨院

  • 鍼灸・スポーツ鍼灸・整体・ダイエット・婦人科疾患

投稿コラム

一覧に戻る

腰痛の新常識3 〜腰痛の際にレントゲン検査は必要なし〜

投稿日:2016/03/08

こんにちは、兵庫県西宮市のまつむら鍼灸整骨院の松村です。

 

なぜだかわかりませんが、腰痛の新常識3のコラムが消えてしまいました。
消してもいないのでま〜〜〜ったく意味がわからないのですが、とりあえず再投稿しておきます。

 

さて、「腰が痛い」と言って整形外科を受診すると、だいたい

「とりあえずレントゲン撮りましょう」

となります。
しかし、現在欧米の最新医学では、腰痛の際に画像検査は必要ないと言われ、むしろ被曝等の原因もあるのでなるべく無駄な画像検査をしないように勧告まで出しております。

実際にレントゲン検査がどれだけ無駄か科学的に証明している論文がたくさんありますので、その一部を紹介させていただきます。

 

■腰椎の変形が腰痛の原因でないことは半世紀以上も前から証明されてきた。最も古い対照試験は1953年に実施された腰痛患者100名と健常者100名の腰部X線写真を比較したもので、両群間の変形性脊椎症の検出率に差はなかった。http://1.usa.gov/lCMbXb

■腰痛患者378名と健常者217名の腰部X線写真を比較した研究でも、両群間における変形性脊椎症の検出率に差はなく、加齢と共に増加する傾向が見られることから、変形は正常な老化現象にすぎず、腰痛の原因とは考えられないと結論。http://1.usa.gov/msMFAV

■60歳の一般住民666名を対象に胸椎と腰椎のX線写真を分析した結果、腰痛経験者の58.7%に、未経験者の57.5%に変形性脊椎症が確認されたが、両群間の検出率に差はなかった。老化よる脊椎の変形は腰痛の原因ではない。http://1.usa.gov/kLY3o9

■港湾労働就職希望者208名、急性腰痛を発症した港湾労働者207名、6ヶ月以上続いている慢性腰痛患者200名を対象に、腰部のX線写真の異常検出率を比較した結果、3群間の加齢による異常検出率に差は認められなかった。http://1.usa.gov/jVFqUC

■腰痛患者200名と健常者200名のX線写真を比較した研究によると、両群間に変形性脊椎症、骨粗鬆症、椎体圧迫骨折などの異常検出率に差は認められなかった。したがって老化による解剖学的変化が腰痛の原因とは考えられないと結論。http://1.usa.gov/jb0ly3

いかがでしょうか?

腰椎の変形などは加齢によるシミやシワと同じだということがわかっております。
またそれだけではなく、圧迫骨折があっても痛みがなければ問題ないということもわかっております。
最近はテレビCM等で「いつのまにか骨折」などと高齢者の不安を煽り、整形外科への受診を促すCMもありますが、あまり気にせずとも大丈夫ということになります。

腰痛には鍼灸治療が効果的と科学的にも証明されております(欧米で)。

腰痛でお悩みなら、まずは鍼灸治療を受けてみてください。

まつむら鍼灸整骨院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報