鍼灸・美容鍼灸なら東京都港区南麻布の鍼灸院|サピエント美健鍼灸整骨院

  • 麻布十番、韓国大使館そば、個室、女性スタッフ在籍

投稿コラム

一覧に戻る

一億総コミュ障社会

投稿日:2019/02/16

こんにちは、サピエント美建鍼灸整骨院、田中です。

 

今日は「コミュニケーション」

 

について書いていきたいと思います。

 

もはや今の時代は

 

「一億総コミュ障社会」

 

 

と言っても過言ではありません。

 

個人的に、ですが

男性陣は女の子を喜ばせてナンボ

なのにも関わらず、それが出来ない人が多い(゜o゜)と感じる今日この頃です

 

どれだけデジタルのセカイになっても、どれだけ「個」が認められる時代になっても

やはりコミュニケーション能力は求められていると共に、

心身の健康にはどうしたてって、コミュニケーションが必要不可欠であると私は考えています。

 

私が受けてきた一般的な教育課程に関してで言えば、

「論理的思考」と「分析力」である程度の

いわば広義的なコミュニケーション能力は養われると思うのですが

 

例えば、

Aという発言、行動をしたらBというネガティブな反応になる

Cという発言、行動をした、これもBのネガティブな反応になる

単純に考えてA,C→Bの反応になるという事は、論理的に考えるとA,Cは良くない素因なのでコミュニケーションを取るときには気をつけよう

となるわけです

とーっても単純な定理で、この積み重ねで人との広義的なコミュニケーション能力は養われていくわけです。もちろんその環境が無いなどの前提が崩れている場合もありますが。

 

そもそも、大前提として

思考や本能、感情といった3つの構成要素はいずれも別次元に存在している事を理解しなければいけません。

全てごちゃまぜにしてコミュニケーションを取るから、人とのコミュニケーションが難しくなるわけで

それを是正するためにも必要なのが「認知」

認知をする事でどの部分に作用しているか理解できるようになります。

これは感情、これは本能、これは思考(理性)

もちろん個体差はありますが、人の行動や言語は常にその3段階にいずれかに統括されているわけで、それを知った上でコミュニケーションを取ると、あっという間にコミュニケーションは変わります。

 

と、まぁコミュ障の自分が実践してきた改善方法ですが。笑

認知の歪みがコミュ障の始まりですからね。

 

そしてそして、その上位に存在しているコミュニケーションが「推察力」と「想像力」

という自己の経験則や感覚から導き出される方法です。

この領域まで達するとほぼ自己満足に近くなりますが、上級者はこれをマスターしています。

このレベルに達するには人との濃密な時間を過ごす他ありません

 

じゃあ何でコミュニケーションが必要なのか、という事ですが

これはいつ何時、人間という生き物はコミュニケーションから自己肯定感が生まれるものであって

歪んだ認知、自己嫌悪、差別化ができない

全てコミュニュケーションに依存しています。

それが出来ないと人は自分で、勝手に、病んでしまいます。

 

日々コミュニュケーション能力を磨くことで、柔軟で自由な思考になることは間違いありません。

 

 

サピエント美健鍼灸整骨院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報