鍼灸・美容鍼灸なら奈良県生駒市東松ヶ丘の鍼灸院|こも池鍼灸院

  • クーポン発行店舗
  • ささない針の心地よい施術で心も体もサポートします!

投稿コラム

一覧に戻る

妊娠力をつけるには!

投稿日:2018/09/25

  鍼灸治療で妊娠力を養っていくために、当院には多くの方が来院されています。

ひとりひとりどこに問題があるのか、東洋医学では脈やお腹、肌(ツボ)のはりやつやなどから、身体の中の状態を調べていきます。

まずは、肝・心・脾・肺・腎の五臓のどこが弱っているのか見ていくのですが、最近多く見受けられるのが、腎が弱っている状態です。

これは身体の持つエネルギーが低下している状態のことで、東洋医学では腎虚といいます。

 

腎が弱るとどうなるのか。

腎は「生殖をつかさどる」と言われていて、卵胞の育ちや受精、内膜の厚さや着床などに影響してきます。それゆえ妊娠を考えた場合に腎の働きはとても重要になってきます。

 

しかし腎の働きは年齢とともに徐々に低下していくことから、高齢になるほど妊娠しにくくなっていきます。

また生活リズム・食生活・労働環境といったことが原因で腎が弱ってしまいます。

 

腎の働きが弱ると自覚症状として、疲れやすいや冷えやすい身体、生理不順・生理痛・PMSなどの症状がでてきます。

多嚢胞やホルモン剤や薬を使っても卵胞が育ちにくかったり、人工授精や体外受精をしても着床しない、着床しても継続しないといった場合もあります。

 

もしこのような症状があれば、鍼灸で腎を元気にしていくことをおすすめします。

ささない鍼で腎が元気になるようにしていきませんか!

 

こも池鍼灸院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典