鍼灸・美容鍼灸なら静岡県牧之原市細江の鍼灸院|鍼灸指圧 光伯堂

  • あなたの凝りをパワースポットに!口コミ高評価!

投稿コラム

一覧に戻る

トールライクレセプターと鍼灸指圧と免疫アップ

投稿日:2018/09/24

トールライクレセプターとは

マクロファージの細胞膜にある受容体のひとつだ。

 

マクロファージは免疫細胞の一種で

外敵や異物が体内に侵入した際に最初に駆けつけて

この異物を呑み込んで処理する役。

 

マクロファージはギリシャ語由来の名前の通り

なんでも見境無くただバクバクと食べる

いささか知性に欠ける大食い細胞というのが

これまでのイメージだったが、近年になり

マクロファージの細胞膜にトールライクレセプターという

異物を弁別し認識する受容体が発見されると

マクロファージのイメージが大きく覆った。

 

マクロファージはトールライクレセプターで異物を認識すると

この異物の情報をヘルパーT細胞へと伝達する。

このマクロファージからヘルパーT細胞への異物情報の伝達、

この抗原提示が免疫系が機能するスタートボタンなのだ。

 

つまり免疫系が正常に起動するすべての鍵が

じつはマクロファージのトールライクレセプターの異物認識に

あることがわかったのだ。

 

マクロファージはトールライクレセプターで異物を認識すると

そのマクロファージは活性型に変化する。

このマクロファージが活性化した状態をプライミングと呼ぶ。

 

つまりマクロファージをプライミングできれば

免疫をアップできるのだ。

 

マクロファージをプライミングする分子としては

乳酸菌の細胞壁のペプチドグリカンや

パントエア菌の細胞壁のLPSなどの分子が代表だが、

ヒートショックプロテインのHSP60やHSP70も

マクロファージをプライミングできることがわかっている。

 

ヒートショックプロテインのHSP60やHSP70は

鍼灸指圧によって合成を促進できると見込める。

 

つまり鍼灸指圧をするとヒートショックプロテインが産生され、

そのヒートショックプロテインがマクロファージの

トールライクレセプターに認識されることで

免疫がアップすると予想できるのだ。

 

鍼灸指圧でアレルギーが抑制されたり、

花粉症が完治したり、リウマチの症状が軽減したり、

風邪を引かない体質になるのは、

こうした鍼灸指圧のヒートショックプロテインから始まる

免疫アップのカスケード効果のなせるワザと言えるだろう。

 

以上をまとめると

鍼灸指圧はヒートショックプロテインを誘導することで

マクロファージのトールライクレセプターを惹起し

マクロファージをプライミングすることで

免疫系をアップすると結論できる。

鍼灸指圧 光伯堂の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典