鍼灸・美容鍼灸なら静岡県牧之原市細江の鍼灸院|鍼灸指圧 光伯堂

  • あなたの凝りをパワースポットに

投稿コラム

一覧に戻る

足の三里とグレリンとミトコンドリア

投稿日:2018/05/18

足の三里というツボに鍼灸指圧をすると

胃の蠕動運動が促進される。

だいぶ前だがテレビの特番で

足の三里に鍼を打っている時の

胃の蠕動運動の映像が放映されたが、

ものの見事に胃が動くさまは圧巻だった。

 

胃壁からはグレリンというホルモンが分泌される。

このグレリンが胃の蠕動運動を引き起こすホルモンだ。

グレリンは胃が空になり空腹になると、

脳へと直結するホットラインの神経経路を使って

胃が空になったことを伝達する。

それと同時に血液中にグレリンは分泌されて、

全身の細胞内のミトコンドリアへとグレリンの通知が

運ばれる。

 

グレリンにはミトコンドリアを増強する作用や

脳神経細胞を増やす作用が認められている。

 

つまり鍼灸指圧で胃の蠕動運動が促進されて、

胃からグレリンが分泌されると、

脳活とミトコンドリア増強の二つの効果が期待できるのだ。

 

ミトコンドリアはご存知のようにATPという

エネルギー源を産生する。

またこのATPは近年になりホルモンとしての作用も

注目されている。

 

足の三里に灸を据えて奥の細道に旅だった松尾芭蕉も

グレリンの恩恵でミトコンドリアが全開となり、

胃がよく動き食欲不振もなく、

脳活効果で頭がシャンとして思考も明晰になり、

洒落た俳句がポンポンと湧いて、

快適な旅路であったことだろう。

 

わたしたち現代人もこの芭蕉翁を見習って、

足の三里に鍼灸指圧の習慣を始めたらどうだろうか。

 

 

 

鍼灸指圧 光伯堂の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典