鍼灸・美容鍼灸なら静岡県牧之原市細江の鍼灸院|鍼灸指圧 光伯堂

投稿コラム

一覧に戻る

鍼治療はオキシトシン分泌を通じてβエンドルフィンを誘導する

投稿日:2018/05/12

近年になりユニークな発見があった。

それは鍼治療と鎮痛に関するものだ。

 

一般的には鍼治療をするとβエンドルフィンという

脳内モルヒネの分泌量が増えて

それが鎮痛効果を発揮するとされる。

 

だがオキシトシン拮抗薬を投与すると、

この鍼治療によるβエンドルフィンの鎮痛効果が

現れないのだ!

 

この発見は何を意味するのか?

つまり鍼治療におけるβエンドルフィンの発現は

オキシトシンの発現のあとに起こるということなのだ。

 

図式化すると、

「鍼治療→オキシトシン→βエンドルフィン→鎮痛効果発現」。

 

鍼治療はオキシトシン分泌を通じてβエンドルフィンを誘導する。

これが鍼治療の鎮痛効果を説明する新時代にふさわしい表現だ。

 

 

当院で一年前に仙骨の骨折後に坐骨神経痛を発症し、

杖をついて這うように歩き、激痛で泣き悩んでいた患者が

今では杖無しでホイホイと元気に自転車で通ってくる。

これも

「鍼治療→オキシトシン→βエンドルフィン→鎮痛効果発現」

が効を奏した結果だ。

 

鍼灸指圧 光伯堂の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典