鍼灸・美容鍼灸なら大阪府大阪市西区南堀江の鍼灸院|美容鍼・フェイシャル・痩身サロン Acure

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 大阪市西区南堀江の美容チャージができる個室サロン

投稿コラム

一覧に戻る

秋は「腸活」でたるみ・むくみ予防!!

投稿日:2018/09/10

みなさんこんにちは!

大阪市西区南堀江にある「オリエンタルビューティサロン Acure(アキュレ)」でございます。

 

本日は、秋に起こりやすい「むくみ・たるみ」にフォーカスしてお話させていただきます。

 

Ⓠ:なぜ秋にむくみやたるみが起こりやすいの?

 

Ⓐ:

①夏に冷たい食べ物や飲み物(アルコール)で消化器官、特に吸収の役割の「腸」がダメージを受けて機能が落ちてしまっているから

②腸は脳の次に神経細胞が多いといわれていますがその分ストレスを受けると敏感に反応して「便秘・下痢」などの不調になりやすいので夏の高温と季節の変わり目の秋は不調になって免疫力や抵抗力も落ちてしまうから

③秋は(特に10月)1年で1番食中毒が起きやすいと言われ菌やウイルスが活発になりやすく抵抗力の低くなっているこの時期に猛威を振るい「腸」(特に大腸)がダメージを受けてしまうから

 

①~③の状態になりやすく「大腸」がダメージを受けてはたらきが悪くなると大腸の役割のカラダの水分調整・自律神経調整の機能が狂いお肌の「潤い」や新陳代謝も低下してしまうので、「むくみ・たるみ」が起こりやすくなります。

 

Ⓠ:どのように対策したらいいの?

 

Ⓐ:食事や睡眠などの生活習慣の見直しと「腸活」です。

 

「腸活」とは?

「腸活とは、腸内環境を整えることや、善玉菌を強化し、正常な腸内環境を維持する、あらゆる活動のことを言います。その延長で、善玉菌を増やすことを目的とした「菌活」という言葉も登場しました。

腸内環境が整えば、お通じが良くなることはもちろん、肌の潤いアップや、病気の予防にもなり、ダイエットにも役立つと、いいことばかり。花粉症とも深く関係していると言われています。

私にとって「腸活」とは、体に良い発酵食品を食べて横隔膜を使った正しい呼吸(運動)をすること。

小さい頃から胃腸が弱く、すぐにお腹を壊したり風邪を引きやすかった私。「このままではいけない、どうにかして体質を改善しなければ!」と心に決め、今年の初めに「腸活」を開始。といっても「今日は絶対に乳酸菌とらなきゃ!」と鬼気迫る思いで続けるのは、ストレスの元です。

「今日は何の発酵食品にしようかな~」という気持ちで、ゆるく長く続けています。

そして、運動を続けるのが苦手な私は、簡単にいつでもできる「横隔膜を使った腹式呼吸」に取り組んでいます。

カラダの内臓は腹膜や筋膜でつながっています。だから横隔膜をしっかり使うと他の内臓も適度に動かされるのです。1日20000回も呼吸は行うのですからこの呼吸法を身につければ自然と内臓運動ができて活発になるんです。(無意識にできるようになるまで半年ほどかかりました)

カラダの内臓を整えるのは「自律神経機能」を整えることになります。

自律神経を調整する方法は、このほかに自律神経反射を活用した「鍼治療」や「マッサージ」

「アロマトリートメント」「電気などの体表刺激」でおこなえます。

体験してみ効果は

①手ごわい便秘や下痢も改善実感してダイエットにも成功(ー5.6㎏キープ)して、たるみ・むくみも気にならなくなり肌のキメも良くなったと思います。

②体調管理の習慣が自然とつき肉体的な変化だけでなく心の調子もいい精神的な変化もありました。

まとめ

日本人の女性の平均寿命である約86歳。それまで生きた場合、あと残りン十年以上は自分の体と向き合いながら暮らすことになります。

心や体は、車や家のように長く使うものだから、時々メンテナンスやケアが必要だと思っています。

これからも私は「腸活」をゆるく長く続けていきます!ぜひ皆さんの毎日の生活にも「腸活」を取り入れてみてください。それだけで、前とは少し違った健康的な生活が送れると思います!

当サロンの「美容鍼」・「漢方アロマ経絡トリートメント」施術では、お客様の体質やお悩みに合わせてもちろん「腸活」になるツボを刺激してより効果を実感できるメニューもございます。

お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

 

美容鍼・フェイシャル・痩身サロン Acureの投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典