鍼灸・美容鍼灸なら大阪府大阪市西区南堀江の鍼灸院|美容鍼・フェイシャル・痩身サロン Acure

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 大阪市西区南堀江の美容チャージができる個室サロン

投稿コラム

一覧に戻る

東洋医学「肺」(呼吸)で『お肌ダメージ修復!!』

投稿日:2018/08/29

みなさんこんにちは!

今年の夏の気候は複雑ですね~平成最後の夏なのに(>_<)

 

日差しや気温もドンドン上昇して私(著者)の子供のころと比べると「8℃」は気温も上がっていると思います。(笑)

この暑さと日差しでお肌のダメージも蓄積されていると思います。

さて、今回のお話は最近続けている「呼吸」について

東洋医学では、どのような考えなのか?

そして、「お肌のダメージ」を修復するためにどうすればいいのか

を教えさせていただきます。

 

東洋医学で呼吸機能を考えると「肺」がそれにあたります。

 

「肺」は、生命力を補充する重要な臓器です。「肺」は、五行説(木・火・土・金・水)の「金」に属します。

呼吸を通して「清気」を体に補充し、「濁気」を排出する働きは、西洋医学でいう肺の呼吸の機能に共通していますが、 東洋医学では、さらに広い意味を持ち、津液(水分)を体に散布する役割皮膚の調節外邪からの防御作用(免疫機能)なども担っています。

つまり、西洋医学でいう呼吸機能(外呼吸)だけでなく、

水分代謝、皮膚の状態、汗腺機能、免疫機能も「肺」と関係しています。

 

 

「肺」の機能として「宣散・粛降」という働きがあります。

 

「宣散」

 

体内から「肺」に集められた気・血・津液は、 宣散によって体表・上方に向けて、粛降によって内側・下方に向けて放散されます。 宣散は、体表・上方に向かう動きを指しますので、主に体表を守る衛気(=免疫機能とほぼ同意)との関連を持ちます。

 

「粛降」

 

気を内側・下方へ誘導し、栄養物質(栄気、衛気、宗気など)を肺気を動力源として、各臓器に分布され、潤され、温められ、栄養されます。 こうして、降りてきた清気は、「腎」により納気(気を納める)されます。

このように、呼吸は「肺」と「腎」の共同作業により完全な呼吸になるのです。

「肺」と「腎」の共同作業がうまくいかないと気管支炎、喘息などの症状が出ます。

 

したがって治療に当たっては、「肺」の治療と同時に、「腎」の治療に常に心を配らなければなりません。

人体の津液代謝は、中医学でも「脾」の運化作用(=食物を消化・吸収し、その栄養物質を全身の各組織に供給する機能)、 「腎」の気化作用《vital energy〈=生命エネルギー〉を活性化させることで、ある臓器が機能できるように活性化させる作用》の他に、肺の粛降作用も関与しています。

肺の粛降作用により津液がスムースに腎・膀胱に輸送されます。この粛降作用が不調になると、浮腫や排尿困難となります。

 

また、肺の宣散作用が失調すると、汗が少なくなり、筋と皮膚に浮腫を生じます。

「肺」は、大腸と関係が深く、便秘や下痢などの排便の異常と「肺」の関係を考えます。

「肺」を治すことにより排便異常を治療したり、逆に、便通をよくすることで「肺」の病変を治したりすることがあります。

「肺」は、「白」「辛」「悲」と関係します。悲しみで泣くときは、嗚咽となって呼吸が乱れるなどの現象から分かるでしょう。

 

辛いものを食べると、「肺」の持つ汗腺機能を亢進させて、発汗が増えるなどの現象から関連性を見ることができます。

肺の機能が異常になると、咳・痰や呼吸困難、息切れ、喘息などの呼吸器症状の他に、「肺」は、津液代謝にも関わりますので、 浮腫や尿量減少、排尿障害などの水分代謝に関係する症状も出やすくなります。

 

また皮膚の乾燥や多汗・無汗などの皮膚の異常や発汗異常がみられるほか、風邪をひきやすいなどの免疫に関係した症状も多くなります。

さらに「肺」は「気」を補う重要な役割(ストレス解消)の一部を担っておりますので、「肺」の異常で疲れやすい、気力が出ないなどの気虚の症状もみられます。

「病象学説」の考え方では、「肺」は、呼吸のほか皮膚とも関係していますので、 いずれも「肺」と関連している喘息やアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患は、同一人物に合併しやすいのも頷けます。

 

したがってこの種の病気は、「肺」が関わる機能として水分代謝の異常との関連も深く、水分の摂りすぎを控えることが大切になります。

また水分代謝は「脾」、つまり消化機能との関連が深く、同時に、「肺」「脾」の働きに助けられて育つ関係にありますから、食事の摂生も大切になります。

いわゆる食事アレルギーや食事によるアトピーの悪化などの現象ともに一致しているわけです。

 

西洋医学では特別な原因物質のみを取り上げて、それを排除するような指導をすることが多いですが、 東洋医学では原因物質のみにとらわれず、消化機能に負担を欠けないように指導します。

原因物質を避けることは、いわば「臭いものに蓋」をしている状態で、体がその間に自然に変わってくれなければ、いつまでもそれを避けていなければなりません。

東洋医学では、これらの病気を治すときに、「肺」「脾」の両方の機能を高めることで、原因物質があっても平気でいられる体にしようと試みるのです。

 

 

アトピー性皮膚炎ばかりでなく、喘息や鼻炎でも、消化機能への負担を避けることは同じ理由で大切なのです。

まとめますと、

肺」(呼吸)の状態を良くしてあげると「皮膚=お肌」 の状態も改善される。

「辛い」食べ物は肺に良い刺激がある。

「脾」(消化器系)「腎」(泌尿器系)も同時に対応してあげる。

「甘い」食べ物は「脾」に良い刺激があり、弱っている「肺」を元気にしてくれる。

 

ということを普段の生活で意識していただいたらよいとおもいます。

 

そして、「肺」を整えてお肌のダメージ修復するのに効果的なのが、

 

大阪市西区南堀江にある「美容鍼・フェイシャル・痩身サロン Acure (アキュレ)」

 

「美容鍼」「漢方アロマ経絡トリートメント」では、「肺の経絡」を整える【ツボ施術】を

行い「お肌のダメージ」修復を効果的に導きます。

また「漢方アロマ精油」は、それ自体も「塗る漢方」といわれるほど、「肺」(呼吸)を改善する

効果が実感できます。

お気軽にお問い合わせください

 ホームページはこちら

ネット予約「お問い合せ・ご予約フォーム」

 

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

美容鍼・フェイシャル・痩身サロン Acureの投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典