鍼灸・美容鍼灸なら奈良県奈良市南市町8の鍼灸院|女性臨床鍼灸 ならまち月燈

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 心地よい鍼灸指圧で究極のリラックスに導きます

投稿コラム

一覧に戻る

ケアワーカーのための冷え症対策

投稿日:2019/02/02

今年の冬はやんわりと始まりましたが、

年が明けてから、厳しい寒さが続いております。

最近の患者さんのおからだで気になること。

 

冷えが抜けるのに、とても時間がかかることです。

 

とくに、ケアワーカー、介護職の方に顕著です。

 

どうしてだろうと、問診と触診を繰り返すうちに仮説が見えてきました。

 

介護職の中でも入浴サービスを担っていらっしゃる方の冷えが一番抜けにくい。

 

入浴サービスは、ただでさえ高齢者の方の衛生と安全に心を配りながらの重労働なのに加えて、冬の寒さの中で、硬い冷たいタイルの上で裸足で何時間も過ごすという過酷な労働です。

 

お風呂の中は、湯気で温まっているので、上半身は汗をかくほど暑く、下半身だけ水滴も乾かないまま、脱衣場と往来をするので、冷え切っています。

 

ご本人が思う以上に、その冷えはおからだにしみついています。

 

冷えることにより、足底の筋肉も硬くなり、硬いタイルに直に着地することで、足底からは常に交感神経であるべきであるという信号が脳に発信され続けます。

 

その結果、業務のあとでも、おからだは硬直したまま緩まなくなってしまいます。

 

その結果、腰痛、不眠、過敏性大腸など二次災害のような症状がつぎつぎとあらわれてくるのです。

 

着脱の面倒くささは承知ですが、長靴を履いて下さるようにお願いしましたところ、実行して下さった患者さんは、だいぶ調子がよくなったと実感して下さいました。

そんなにおからだに悪いことだとは思っていらっしゃらなかったんですね。

この冷えが、永年蓄積されることは、本当に怖いです。

どうか、冷える環境にいらっしゃる女性は、くれぐれもお気を付けください。

 

ならまち月燈では、おからだの冷えている女性には、まずゆっくりと温灸と指圧マッサージと湯たんぽでおからだを温めることで、おからだをゆるめます。

 

おからだを自然なかたちで温めることがこんなに気持ちがいいのかとお気づきいただき、ご自分でおからだを温める力を回復して頂くことが第一目標です。

 

おからだをご自分で温められるようになると、色々な症状が楽になります。

 

冷えは万病の元です。

 

どうぞ、寒い冬こそ、奈良にゆっくりほっこりしに来られませんか?

 

 

女性臨床鍼灸 ならまち月燈

 

 

 

 

女性臨床鍼灸 ならまち月燈の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典