鍼灸・美容鍼灸なら北海道札幌市北区北20条西4丁目の鍼灸院|頭痛・スポーツ外傷専門 北20条鍼灸整骨院

  • 注目
  • 頭痛鍼施術 スポーツ鍼施術 産後骨盤矯正 

投稿コラム

一覧に戻る

寝ている時に足がつる

投稿日:2018/06/09

寝ている間、朝方に足がつって激しい痛みが起こる事は

経験がある方は多いと思います。

なぜ足がつっていしまうのでしょうか?

 

まず、筋肉には大量のカルシウムイオンが蓄積されています。

筋肉を収縮させる際に、筋線維からカルシウムイオンが放出され収縮が起こります。

カルシウムイオンなどのホルモンバランスの濃度は一定に保たれた状態になっています。

ホルモンバランスが崩れることで筋肉の収縮運動に障害が起き、足がつる事があります。

 

・原因

 ①筋疲労

  この場合は運動中に起こる事が多いです。

 

 ②水分、電解質の乱れ

  大量の汗をかく、水分不足などが起こるとカルシウムなどの電解質が

  失われバランスが乱れます。

 

 ③血流が悪い

  血液中のカルシウム濃度のなどを調節しているホルモンがうまく働かなくなります。

  運動不足などで筋肉量が不足している方も起こりやすいです。

 

 ④ホルモンバランスの乱れ

  妊娠中などはホルモンバランスが乱れやすいです

 

・予防

 ①水分補給

  こまめに電解質を含んだ水分を補給しましょう。

  スポーツドリンクがオススメです。

 

 ②温める

  血流障害や筋疲労、足の冷えが原因の場合は効果的です。

 

 ③適度な運動

  筋肉量の減少などが原因の場合は効果的です。

 

 お困りの方は試してみてください。

 食事などでビタミン、ミネラルを摂取することも効果的です。

 もちろんマッサージや鍼治療なども効果があります。

 

 北20条整骨院

頭痛・スポーツ外傷専門 北20条鍼灸整骨院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典