鍼灸・美容鍼灸なら東京都港区新橋の鍼灸院|東京鍼灸烏森通り TokyoHarikyu Karasumori

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 港区新橋・夢クリニックさんすぐそばの妊活鍼灸院!!

投稿コラム

一覧に戻る

【これだけは抑えて!!】子宮内膜フカフカの3箇条【妊活・不妊】

投稿日:2018/05/16

こんにちは!

妊活鍼灸師のすずきです!

 

受精卵の着床率を上げるために

子宮内膜を厚くしたい!と思われている方はたくさんいらっしゃると思います。

今回はこれだけは抑えて欲しい子宮内膜フカフカになるための

3箇条をお話します。

 

その一

黄体ホルモンを増やす食事をする

その二

活性酸素を抑える

その三

血流を良くする

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

その一

黄体ホルモンを増やす食事をする

 

病院の多くでは黄体ホルモンの補充をおこないます。

補充により子宮内膜の改善が期待できますが、

自宅でも食事を気をつけたいところです。

そこで、ナッツ類や魚卵、かぼちゃなどの野菜、納豆などに多く含まれているビタミンEには、生殖機能を助ける働きがあり、黄体ホルモンの分泌をサポートする働きがあると言われています。

 

その二

活性酸素を抑える

 

内膜が薄いと、活性酸素により妊娠率が低下するといった報告があります。

活性酸素は抗酸化作用で抑えることができます。

抗酸化作用の強いビタミンCを多くとると良いとされています。

赤ピーマンやキャベツ、ブロッコリーなどの野菜や柑橘系の果物を摂取すると良いでしょう。 

 

その三

血流を良くする

 

もともと、血流量の少ない子宮に多くの血液を届けなくてはなりません。

軽い運動やヨガなどを継続することがオススメです。

さらに血流を良くすることは、東洋医学の得意分野でもあります。

ぜひ、鍼灸施術をお試しください。

 

まとめ

ここだけは抑えてほしい3箇条はおわかりいただけましたでしょうか?ズバリ、ビタミンE、Cと血流改善が大事ということですね。バランスの良い食事にプラスしてみてくださいね。少しずつでも良いので、挑戦してみましょう!

 

当院の子宮内膜の対策としては、胃腸系のツボを使いビタミンなどの栄養素の吸収を助ける施術を行い胃腸の負担を軽減させます。さらに、骨盤内(子宮)の血流促進のために、足から腰にかけて鍼灸のアプローチをおこない子宮内膜の発達を促します。

 

合わせて読みたい

・【食品で補助】葉酸について【妊活・不妊】

・【人間の神秘】妊娠とは!?【妊活・不妊】

・原因不明の不妊とは!?【妊活・不妊】

 

Twitterをフォローして最新情報を受け取ろう

Twitterはこちら

 

不妊体質改善トライアル実施中

お気軽にお問い合わせください

 

ホームページリニューアルしました!↓↓

東京鍼灸烏森通りTokyoHarikyuKarasumori

東京都港区新橋3-11-9烏森通りビル6階

03-6874-8839

東京鍼灸烏森通り TokyoHarikyu Karasumoriの投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典