鍼灸・美容鍼灸なら京都府京都市中京区三文字町の鍼灸院|畠鍼灸院整骨院

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 京都烏丸にある本格的な鍼灸治療院

投稿コラム

一覧に戻る

お子様の起立性調節障がい(OD)~当院の考え方2 コラム019

投稿日:2018/06/01

お子様の起立性調節障がい(OD)について ~当院の考え方2~

コラム019 

 

お子様の起立性調節障がいのよくある症状

 

☑朝に起きれない、起きれなくて学校へ行けない

☑立ちくらみ、めまいがある、失神

☑立っていると気分が悪くなる

☑朝から昼までの頭痛(昼から治まる)

☑食欲がない(食欲不振)、腹痛や下痢

☑昼過ぎからの倦怠感、全身疲労

☑車に酔いやすい

☑動悸、頭痛、月経不順

 

事例1)

朝起きれず学校に行けない、昼から登校。

普段からお菓子をよく食べ、腹痛と下痢がある。スマホを深夜にし続けている、夜起きているため朝起きれず、学校から帰ると疲労して仮眠をとる。運動(ジョギング、ウオーキング)は全くしていない。

 

《このような事例の場合の考え方》

■昼夜逆転していることはまず物理的な問題点があるためスマホを中止し、しんどいですが朝起きること、仮眠を減らすこと、夜早く寝ることが出来る限り必要だと考えます。

■お菓子を食べる、全身疲労腹痛と下痢に関しては、ご飯は食べれるのか(消化不良かどうか)ストレスを緩和したいのでお菓子を食べるために下痢をするのか。腹痛はトイレにいった後は無くなるのかなどを考えます。(ストレス緩和のためにお菓子が多いならストレスを減少させる治療とお菓子の量をコントロールする必要があるのではないかと考えます)トイレのあとに腹痛がないなら下痢を抑えて消化吸収を促すことも必要かと思います。(お灸も可)

■運動をまったくしていない。子供ですので成長途中ですから代謝が非常に高くて普通です。寝起きの安静時で低くても体温が36.5℃以上、上の血圧は100mmHg以上が目安と考えます。

最初は20分以上のウオーキングから初めて少しづつ増やしていく方が良いでしょう。

■日常生活習慣+運動+ストレスの過少+体の機能低下のバランスを調整していくことが大切です。なかなか改善できずに焦る方もおられますが、お子様のペースにあった時間調整も大切です。治療やなんらかの処置を開始されておられない方は、早期に専門医療機関やお近くの鍼灸院でご相談されることをおすすめします。

 

※症状が出てきてからの時間経過や個体の頑丈さ、運動量や代謝量によって大きく個人差があります。参考になれば幸いです。

※お子様の起立性調節障がいは専門も医療機関や鍼灸院などへの相談をおすすめします。

 

当院では、お子様の自律神経系統が破綻して深刻なトラブルが続く前に、お父様やお母様がお気づきになられましたら早期に対処することをおすすめしています。

 

 

当院へのご相談も受け付けております。

 

公式ホームヘージお問合せ、またはお電話をお待ちしております。

 

 

 

京都市中京区三文字町200番地ミックナカムラ302

 

京都市中京区烏丸 畠鍼灸院整骨院

 

075-252-2268

 

京都/整体 京都三条烏丸治療院

 

筋肉や関節の痛み歪みは 京都三条烏丸治療院へ

 

子供の姿勢矯正 起立性調節障害 妊婦さん つわり 逆子 産後の骨盤矯正

 

院長ブログ/症例はこちら

 

 

 

 

畠鍼灸院整骨院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典