鍼灸・美容鍼灸なら京都府京都市中京区三文字町の鍼灸院|畠鍼灸院整骨院

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 京都烏丸にある本格的な鍼灸治療院

投稿コラム

一覧に戻る

なぜ? 寒くなると胃痛? コラム005

投稿日:2018/02/12

なぜ?寒くなると胃痛?

最近どんどん寒くなっています。三寒四温があり温かい日と寒い日を繰り返したりしています。しかし、まだまだ寒い季節はあたたかくなりません。

天気が春っぽいためごまかされますが、まだまだ寒さは続きそうです。

①寒いと体幹に体温が集まる

寒いと、身体に体温を維持したくて体の中心部(言わば内臓)特に熱の産熱が盛んな肝臓や胃部に血液は集まりやすくなります。

②体温を上げようと身体が頑張る

体温を上げるためには、エネルギー源を燃やすことが必要です。

食欲が上がる、運動を増やす、温泉につかる、、などなど

大半が、寒いので食欲が上がったり、温泉につかったり、こたつでゴロゴロでしょうか、、?

食欲は、個人差がありますが、熱い食べ物、辛い物、濃い味付けのもの、砂糖や粉ものとくにクッキー、洋菓子、チョコレートでしょうか。エネルギー源が多いものを皆様好むようになります。

③新年会、飲み会で暴飲暴食が続いたり。

①②③では、胃部や肝臓に血液が集中します。そして、胃酸分泌が増加します。

胃酸分泌が増加すると、いの内側の粘膜を保護している胃液は分泌低下し胃酸でいはボロボロになり胃痛も出ることでしょう。

また、体幹に血液が集まりすぎることで手足の冷えや様々な他の症状も出てくるでしょう。

まずは、お近くの専門の鍼灸の先生や病院の先生に相談することをおすすめします。

皆様のより良い発展と気づきのために、当コラムがお役に立てると幸いです。

京都/整体 京都三条烏丸治療院

畠鍼灸院整骨院

075-252-2268

院長ブログ/症例

畠鍼灸院整骨院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典