鍼灸・美容鍼灸なら三重県四日市市鵜の森の鍼灸院|美容鍼サロン からだケアR

  • クーポン発行店舗
  • 肌質改善、リフトアップ特化型美容鍼サロン

投稿コラム

一覧に戻る

しみの原因

投稿日:2018/02/02

しみの原因

お肌のトラブルの中でも多くの方が気にされる事が多いものの1つであるしみについてご紹介します。

まずお肌は外側から表皮、真皮、皮下組織で構成されています。

しみは表層のごく薄い表皮の一番下の基底部にあるメラノサイトがしみの元になるメラニンを作り出します。メラニンが表皮全体に分布し、周りの皮膚より色素が濃いためしみになって見えてきます。

 

しみの主な原因は

紫外線を浴びるとメラニンを生成

表皮が紫外線を浴びるとメラノサイトに信号が送られ、メラノサイトはメラニンという色素を発生せせて細胞内に蓄積します。

メラニンは細胞内に溜まり、細胞核を紫外線から守る働きがあります。なので本来メラニン自体は悪者ではありません。

 

皮膚のターンオーバー

表皮の中の一番下の基底層にある細胞が分裂して徐々に押し上げられ、細胞核の無い角質に変化し垢となって剥がれ落ちます。

これがターンオーバーと呼ばれ、約28日サイクルで行われると言われています。通常紫外線を浴びて作られたメラニンも上記の過程で剥がれて行くので、一時的な日焼けも約1ヶ月後には消える仕組みになっています。しかしターンオーバーが追いつかなくなるとメラニンが溜まりしみの原因となります。

 

メラニンが大量に蓄積

強い紫外線または長時間紫外線を浴びると、メラノサイトの数が多くなり、メラニンの産生が活性化してしまいます。

加齢、紫外線の浴びすぎ、ストレス、肌への過度な刺激などにより、ターンオーバーサイクルに乱れが生じると新陳代謝が下がりメラニンが蓄積されてなかなか消えないメラニンが色素沈着されたしみの正体です。

 

美容鍼サロン からだケアRの投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸用語辞典