鍼灸・美容鍼灸なら東京都新宿区四谷の鍼灸院|ボディケア鍼灸サロン 四ツ谷Harry ハリー

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 予約制。交通事故や妊婦さん・産後もお任せください!

投稿コラム

一覧に戻る

なぜ、肩がこるのか!?

投稿日:2017/11/24

お仕事や家事など日常生活の中で肩がこる・だるい、痛いという方は多いと思います。

 現代社会の産物とも言える「肩こり」は、

今やOLが訴える体の不調No.1

 肩こりの原因は肩だけでなく様々な要因で起こります。

 

原因

・長時間同じ姿勢でいる

・顔が前に出ている(ストレートネック)

・眼の疲れ 視力低下

・血行不良

・身体の歪み

・巻き肩

・冷え症

・骨盤の傾き・歪み

・間違った座り方

・足を組むなど悪い姿勢

・パソコン、スマホの画面を1日4時間以上見ている 

・体幹を支える筋力不足(特に腹筋のインナーマッスル)

・呼吸が浅い  など

 

原因は1つだけでなく、いくつかが複合的に合わさっていることが多く

上の項目に3つ以上当てはまる方は肩がこりやすく、

5つ以上当てはまる方は、慢性的な肩こり

7つ以上だとかなり頑固な肩こりだと考えられます。

 

対策として

・首・背中のストレッチ&体操

・お風呂はシャワーで済まさず湯船にゆったり浸かり、しっかり温まる

・背中全般の筋トレを行う

 

鍼灸治療

・局所的に循環が悪い所に鍼をすることによって血行が促進されてコリが解消されます。

整体

・身体の歪みを改善し歪みによって引っ張られてしまっている筋肉を整える事によって肩の負担が軽減されます。

運動

・特に水泳など肩をよく回す運動や全身運動は、肩こり改善に効果的だと思われます。

入浴

・最近では湯船に浸かる人が減っているそうです。

ゆっくりと湯船に浸かり体の芯から温め、入浴後 ヨガやストレッチを行うのもいいですね。

 

 できることから初めて行きましょう!

 ヨガやストレッチを行うのもいいですね!

ボディケア鍼灸サロン 四ツ谷Harry ハリーの投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典