鍼灸・美容鍼灸なら奈良県天理市川原城町の鍼灸院|いしかわ治療室

  • 注目
  • 女性スタッフが施術する個室でのメニュー

投稿コラム

一覧に戻る

首なのに脚に鍼を打つの?

投稿日:2017/10/24

今現在、調子が悪いところに鍼を打つ。

これは当たり前ですよね。

でも鍼灸の先生は全然関係のない身体の場所に鍼を打ったりします。

これが効くから、鍼って面白い。

私が患者としてその効果を実感した二例をあげます。

 

【首の横の寝違え】

先生には寝違えた部分と同じ側の手の甲に鍼を一本、反対側の足のくるぶし付近に鍼を一本打ってもらいました。それなのに、寝違えた首の箇所にビリビリと不思議な感じが。首には一本も打っていません。

違う場所に打ってアプローチする。それを身をもって体験しました。

 

【首の前の張り】

試験勉強をしたあとに、首の前側部分が凝ってると申しますか、呼吸しづらく気持ち悪くて仕方がない。

先生に治療をお願いしたら、治療の最後に太ももに鍼を一本打ってくださいました。

そのまま首を動かすようにと言われ、先生が鍼を動かすと、あら不思議。

スーッとたちまち何かが通ったように息がしやすくなり、張りがとれ……。

 

鍼ってすごい、と感動した出来事でした。

 

いしかわ治療室の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸用語辞典