鍼灸・美容鍼灸なら栃木県小山市駅東通りの鍼灸院|天恵堂治療院

  • クーポン発行店舗
  • 純粋な東洋医学で患者さんを好調に導きます

投稿コラム

一覧に戻る

大手製薬会社 認知症の薬から撤退・・・。

投稿日:2018/06/13

 

みなさんおはようございます

 

栃木県小山市の首肩こり・頭痛専門の天恵堂治療院 福田です。

 

今朝もまだ台風の影響が残っているせいか?梅雨寒のせいか?肌寒い日が続いておりますがみなさんは健やかにお過ごしでしょうか。

 

先日から梅雨入りしこれから雨や湿気が多くなりますので、食中毒などが起こりやすくなりますし、浮腫みや冷え性、お腹の不快感の症状も増えてきますのでくれぐれもご注意ください。

 

また地球温暖化の影響で最高気温が30度を越える真夏日になったり、「梅雨寒」で朝晩は肌寒いくらい冷えたりと日中と朝晩の寒暖差により風邪をひくこともありますので体調管理も怠らないようお気を付け下さい。

 

最近、医療・介護関係の方や天恵堂にご来院されている患者さんからご紹介頂き、新規の患者さんが外来、特別往診ともに増えてきており大変ありがたいと感謝しております。

 

患者さんから頼りにして頂けるのは非常にありがたい事ですので、一生懸命、治療をさせて頂き同時に東洋医学の勉強や研修も頑張ってまいります。

 

ということで本日のブログは「「認知症薬」撤退相次ぐ=研究成果乏しく-米製薬大手」というニュースがありましたので、みなさんと情報共有して健康になって頂きたいと思います。

 

「「認知症薬」撤退相次ぐ=研究成果乏しく-米製薬大手」時事通信より

 

https://medical.jiji.com/news/14702

 

「ファイザー」は1月、認知症患者の6割以上を占めるアルツハイマー病の治療薬などの研究開発を打ち切ると発表

 

「メルク」も2月、期待した効果が得られないとして、アルツハイマー病患者の脳に蓄積する異常なたんぱく質の生成を抑える薬の臨床試験を中止すると表明。

 

同種の薬をめぐっては、先に「イーライリリー」も新薬の承認申請を断念した

 

「ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)」も今月、安全上の問題が確認されたとして臨床試験を打ち切った。

 

米アルツハイマー協会によると、米国のアルツハイマー病患者は570万人に上り、2050年までに約1400万人に増える見通し。

 

米食品医薬品局(FDA)はこれまでに6種類の薬を承認したが、「根本的な治療薬は開発されていない。」

 

上記のようにニュースで報道されております。

 

という事は何を意味するかというと、アルツハイマー病に対する根本的な治療薬は開発される可能性が非常に少ないという事になり、薬や西洋医学の考え方では予防や防ぐ事が困難であると私は思います。

 

アメリカの様な西洋医学や科学技術において研究の最先端を突き進んでいる国で、しかも営利目的で利益を追求する製薬会社が莫大な研究費用を費やし、最先端で超高性能な人工知能などを駆使して、研究を進めていたものを莫大な研究費用の損害を出してでも諦めて打ち切る訳ですから今後もアルツハイマー病の薬は期待できませんね。

 

という事はアルツハイマー病になってしまったら「根本的治療法がない」という事ですから最終的にはアルツハイマー病が悪化しアルツハイマー型認知症へ移行する危険性が非常に高いです。

 

アルツハイマー病の根本治療法が無いとなるとアルツハイマー病を予防するしかないのですが、現在の研究段階でアルツハイマー病の危険を少しでも低下、減少させる「可能性がある」ことは以下の事が言われています。

 

「アルツハイマー病情報サイト」より

 

http://adinfo.tri-kobe.org/worldwide-alzheimers-information/risk-factors-prevention.html

 

研究から、ある生活習慣因子、例えば栄養価の高い食事、運動、社会とのかかわり、および精神を活性化させる趣味などが、認知機能低下やアルツハイマー病のリスク低減に役立つかもしれないと示唆されています。

 

科学者は、認知機能の低下と、心疾患、高血圧、糖尿病、肥満との関連を検討しています。

 

上記の事から、生活習慣=規則正しい生活、栄養価の高い食事=正しい食生活、運動も絶対必要、社会との関わり、精神を活性化させる趣味など、どれもこれも元気で活動的な高齢者の方が実践されている事ばかりだと思います。

 

 

当然ですよね!お元気な高齢者は上記の事を概ね実践されているが故に、「お元気な高齢者」なんだと思います。

 

私の考えでは、不規則な生活習慣、暴飲暴食・飲酒、欧米食、運動不足、無趣味・社会的孤立、ストレスを溜める、定期的に身体の治療をしない事などが総合的に影響することによりアルツハイマー病、心新患、高血圧、糖尿病、肥満、うつ病などの精神疾患、がんなどの様々な病気の原因となるのではないかと想像しています。

 

 

私は自分自身が信じる東洋医学を毎日実践して元気に病気知らずで長生きして「東洋医学の素晴らしさ」を証明していきます!!!

 

是非、このブログをお読みいただいているみなさんには養生・セルフケア、定期的な治療ケアを実践、継続して頂き「病気知らずの素晴らしい未来」を手に入れて頂きたいと思います。

 

今日も一日、頑張って素晴らしい一日を過ごしましょう!

 

東洋医学はお身体の診察をしっかりと行い治療して「お一人お一人に合った」治療を行うのが大きな特徴であり、未病治=大病になる前に病を治すという基本になります。

 

私の考えでは、

 

絶好調=非常に健康で心身ともに活き活き生活

 

好調=健康で良い状態で疲れもすぐに回復する

 

未病=不調の手前

 

不調=小病の手前(画像や数値が正常値から外れる注意状態)

 

小病=何らかの異常が数値・画像・言動・行動に認められる

 

大病=明らかに大きな異常が認められ治療が必要になる

 

というような身体の健康-疾病観を持っていますので、未病、不調の内に小病・大病になる前に先手、先手と治療をできるというのが東洋医学の非常に大きな強みです。

 

このブログをお読みのみなさんの健康度・健康レベルはどのあたりでしょうか?

 

先日のブログでも書きましたが貝原益軒先生の「養生訓」=生命を養う教えという意味の書籍です。

 

生活養生・セルフケアには非常に有効な養生訓です。

 

聖路加国際病院名誉院長の故・日野原重明先生もご推薦されておりますので、是非ご一読されると良いでしょう。

 

 

 

辛い症状でお困りのみなさん暦では「芒種」になり暦の上で夏になりました。

 

朝晩も過ごしやすくなりましたが、まだまだ急な寒さの戻りや日中、猛暑になる事がありますので、くれぐれも体調管理にはお気を付けてお過ごしください。

 

辛い症状からお身体を解放して優しく明るい“本来のあなた”を取り戻しましょう!

 

みなさんが健やかに明るく元気に毎日を過ごされることを心より願っております。

 

みなさんを好調にして生涯現役でご自身の人生を楽しんでもらい、

 

栃木を!日本を!世界を!良くしたい院長でした。

 

天恵堂治療院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典