鍼灸・美容鍼灸なら京都府京都市南区吉祥院九条町の鍼灸院|みやはた鍼灸整骨院

  • クーポン発行店舗
  • 北川式美容鍼灸、小顔矯正に絶対の自信あり

投稿コラム

一覧に戻る

陸上競技に多いシンスプリントを解説いたします

投稿日:2018/02/14

シンスプリント

シンスプリントとは、脛骨(むこうずねの骨)の過労性骨膜炎といわれる疾患です。
過労性とはいわゆる使いすぎのことで、脛骨に筋肉が付着する部分で繰り返し引っ張られ、骨膜に炎症を起こし痛みが生じます。
走行動作の多い陸上競技では、大変よくみられます。

痛みの場所

下腿の内側の下3分の1くらいの所に、5~10cmの範囲で痛みが見られます。

症状

その程度により症状はさまざまです。
軽症例:運動開始直後の痛み・運動中は疼痛消失
中症例:運動中の痛み・運動後安静により疼痛消失
重症例:運動中のみならず、安静時にも疼痛出現

 

 

みやはた鍼灸整骨院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸用語辞典