鍼灸・美容鍼灸なら千葉県船橋市浜町の鍼灸院|【アンチエイジング美容鍼】【体質改善】仁雄堂鍼灸院(じんゆうどう)

投稿コラム

一覧に戻る

逆子、産前の鍼灸治療

投稿日:2018/04/21

千葉県船橋市の仁雄堂鍼灸院です。

妊娠中、不安になってしまう逆子についてです。

発生については諸説ありますが、検査などで病的な理由がわかる場合を除き出現する原因はハッキリと解明されていませんね。当院で行う治療では東洋医学的な見解を用いるので身体に起きている働きを重視します。それは【冷え】、万病の元と言われ、温熱を帯びる生命活動の妨げになりますね。冷えは主に下(下肢)から現れやすく、お腹の赤ちゃんは自然と居心地の良い環境を探して動きつづけているので、正常の体位とされている頭部が下向きだと、大事な神経の中枢である頭(脳)を冷えの危険から本能的に回避するために向きを変え逆子に至るのではと考えられます。

 

逆子の改善に良いとされる【至陰】というツボにお灸を用いることや、逆子体操などもありますが、逆子を動かすことを目的とするのではなく、身体に起きている冷えを改善することによって自然に逆子が動いてくることを目指すことが望ましく、身体の不調は悩みごとやストレスからも起こり、産前の肩こり、腰痛、倦怠感などの不快感も【冷え】を招く要因ですので『逆子という状態』だけに捉われず、『逆子になってしまった状態の原因』をもう一度よく思い出してみましょう。

妊娠中だから…と慣れてしまっている、我慢してしまっている症状はありませんか?

体調不良は身体から不調、冷えのサインですよ。

そう考えると逆子もお腹の赤ちゃんからの心配しているサインなのかもしれませんね。

当院では妊婦さんの為にお腹が大きくなった状態でもうつ伏せで治療が受けられるように考えられた枕も喜んで使っていただいていますが、気持ちの良い治療を受けていただく事でホルモン分泌も安定し産後の心身の体調安定までつながりますよ。

【アンチエイジング美容鍼】【体質改善】仁雄堂鍼灸院(じんゆうどう)の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典