鍼灸・美容鍼灸なら大阪府大阪市浪速区敷津東の鍼灸院|南部はりきゅう治療院

投稿コラム

一覧に戻る

自律神経失調症について

投稿日:2018/03/03

☆自律神経失調症とは

自律神経が不規則な生活やストレスなどの影響でバランスが崩れ、体などに様々な不調を引き起こします。これらを総称して「自律神経失調症」と呼びます。

内臓や器官の検査をしても「異常なし」

症状も人によって様々です。

定義など多くの考え方があり、正式な病名ではありません。症状があって検査で異常がない場合に自律神経失調症と診断されることが多い様です。

 

☆自律神経とは

自分ではコントロールできない無意識に動く神経の事です。

活動する神経「交感神経」と休む神経「副交感神経」があり、それぞれが必要に応じて切かっわて動きます。

・心臓や内臓を動かす

・血圧や体温の調整

・食べ物の消化

消化・吸収・排泄・呼吸・循環・体温調整・内分泌・生殖など、このように生命を維持するのに重要な体の機能をコントロールしているのが自律神経です。

 

☆自律神経失調症の原因

最大の原因はストレスです。

体質・・・子供の頃から食欲不振、腹痛、嘔吐、環境が変わると眠れないなど生まれつきストレスに弱い体質の方。

性格・・・断ることができない、感情処理ができない、気持ちの切り替えができない、依存心が強い

生活リズム・・・夜更かし、夜型人間、夜勤が続く

環境の変化・・・人事異動での仕事や人間関係のストレス、寒さ熱さの温度差

女性ホルモン・・・女性は一生を通じてホルモンの変化があるので、それが自律神経に影響を与えます。

特に子供は自律神経への影響は受けやすいので気を付けて下さい。

 

☆自律神経失調症の症状

◎体の症状

息苦しい・動悸・微熱・めまい・疲れやすい・頭痛・耳鳴り・肩こり・顔のほてり・手足の冷え・不眠症・食欲不振・便秘下痢・手足のしびれ

◎精神的症状

イライラ・憂鬱・不安・焦り・集中力の低下・記憶力の低下・無気力・落ち込み

 

人により症状は違い、波もあります。上記の項目で当てはまる症状が多い方ほど自律神経失調症の可能性は高いと言えます。

 

自律神経失調症に対して、鍼灸は効果がかなり期待できます。

悩んでいる方は近くの鍼灸院へお尋ね下さい。

鍼灸施術を受けて良かったと思えますよ。

南部はりきゅう治療院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典