鍼灸・美容鍼灸なら神奈川県小田原市南鴨宮の鍼灸院|いろは治療院

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 辛い痛みを一緒に考えどんな症状にも全力で対応!

投稿コラム

一覧に戻る

顔面神経麻痺改善への取り組み!

投稿日:2018/12/21

久しぶりにコラム掲載します!

当院で頭痛・腰痛についで多い疾患の顔面神経麻痺!

同じく線維筋痛症やリウマチ・膠原病の方も多くご来院されています。

さて、顔面神経麻痺はご存知のようにベル麻痺とハント症候群があります。

どちらの症状も個人差があり後遺症が残ってしまうケーズもあります。

発症してすぐに鍼灸に取り組むと高い確率で柳原法(40点)で30点前後まで良くなる事が多いです。

柳原法はあくまで顔の動きを点数化したもので、患者様の顔のこわばり・ツッパリ感などは入っていません。

当院で行う方法は「置鍼」です。

なぜ?

表情筋は他の部位の筋肉とは種類が異なります。

①皮膚と筋肉が混ざっている事

②表裏の関係がない事

多くは皮膚-脂肪-筋肉といった構造ですが

表情筋は皮膚+筋肉が一緒と特殊です。

そして筋肉のは伸ばす・縮むの関係性がありますが

表情筋は縮むことしかできません。

ここに電気施術をすると余計こわばり・硬くなり・萎縮してしまう事があるので

私は発症して6か月はやりません。

その後は回復をみながら、、時々神経伝達が出来ているか確認で電気をかける事はありますが

基本やりません。

当院では発症して4年の方もいれば30年の方もいらっしゃいます。

それぞれ、効果を感じて頂いていたり点数が上がっている事もあります。

諦めずに鍼受けてみると良いですよ!

いろは治療院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典