鍼灸・美容鍼灸なら東京都文京区千駄木の鍼灸院|はり 東洋治療院 虹音堂

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 21時迄やってます!お仕事帰りにどうぞ。

投稿コラム

一覧に戻る

不妊症とは?そして本当の不妊治療とは?パート2(ストレスについて)

投稿日:2017/11/04

 前回は「冷え」が妊娠にもたらす悪影響についてお話ししましたが、今回はストレスについてです。こちらも「冷え」に並ぶ位厄介です。

 男性不妊の主な原因は無精子症や精管閉塞などがありますが、これらは外科手術によって改善することができます。

 しかしストレスによる疾患というものは発生機序が明確でない為、治療もなかなか難しいのが事実です。

 男性側でよくある症例が、クリニック等へ通い初めの時はどこも問題ないと診断されたのですが、度重なる治療とその重責によるストレスで精子の量が減り、精子自身の発育レベルも下がってしまったりインポテンツになってしまうということです。私自身も経験しました。

 生殖機能というのはそれだけ精神状態に影響を受けやすいのです。カラダの調子に関係なく能力が衰えてしまうのです。

 女性にも同じことが言えますが、割合では男性機能の方がストレスの影響を受けやすいそうです。

 

不妊治療でクリニック等に通われているご夫婦には具体的な原因が判明しない方も多いです。

そして出口の見えない治療によって、お互いの心に重責がのしかかります。

 ここで一番大事なのは、「ご夫婦一緒に立ち向かう事」です。お互いの気持ちの共有、そしてよく語り合う事です。ただお互いを思いやればいいのです。

 もしどちらかに原因が発見されても、戦うのは二人です。

 どちらかが苦労してなし得る事ではないのです。

 そうして少しでもストレス、心の重荷を軽くすることが生殖機能の改善に結びつき、治療効果も現れやすくなります。

 どんな治療や医療を持ってしても、これに勝る物はないのです。

 

はり 東洋治療院 虹音堂の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典