鍼灸・美容鍼灸なら香川県高松市太田下町の鍼灸院|しみず接骨院・鍼灸院

  • クーポン発行店舗
  • 広いスペースでゆっくり施術いたします。

投稿コラム

一覧に戻る

『高松市の接骨院・鍼灸院』四十肩・五十肩2

投稿日:2018/07/10

五十肩の治療

急性期(痛みが起こった直後) 

炎症を起こしているので、熱や腫れを感じることがあります。

冷たいタオルなどで冷やします。痛みがある時は無理に動かさないでください。

 

慢性期(2〜3日経っている場合)

 

熱を感じないものの、痛みが残っています。

ホットタオルやお風呂・シャワーで温めます。五十肩は別名『凍結肩』(フローズン・ショルダー)と呼ばれるように、発症後の炎症がおさまると冷えるのが特徴です。

筋肉がほぐれたら、肩まわりをゆっくりと手指で押し揉みします。痛みがある場合でも、少しずつ肩関節を動かすようにします。

 

五十肩の治療

五十肩のほとんどは、時間の経過とともに症状が軽減していき、半年から一年程度で完治する人が多いのですが、症状が長期にわたることもあります。しかし、必ず完治しますので定期的な治療を行うことをオススメします。

当院では、症状を改善するために 1インナーマッスル(深層筋)のコリをほぐして 2血行を良くする を“基本施術”に挙げています。

 

インナーマッスル(深層筋)カラダの深部にある(大腰筋など)比較的小さな筋肉。関節を保護して安定させる役割を担い、カラダや関節の動きにあわせて背骨や関節の位置を微調整している。

 

五十肩の治療

五十肩が重症の場合は鍼治療が効果的です。手技によるインナーマッスル(深層筋)治療では届かないツボを刺激しますので、より効果的な“血流改善と(筋肉の)ほぐし”ができます。

しみず接骨院・鍼灸院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報