鍼灸・美容鍼灸なら千葉県柏市中央の鍼灸院|needle garden 鍼灸サロン

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 柏駅東口から徒歩約8分。土日祝も夜22時まで営業♪

投稿コラム

一覧に戻る

「気」の巡りをよくするセルフケア

投稿日:2019/02/15

今回は、前回お話した「気」について、

その気の巡りに関わっている「肝」についてお話します。

 

東洋医学では、肝(かん)・心(しん)・脾(ひ)・肺(はい)・腎(じん)

という五臓の働きにより生命維持が維持されていると考えられています。

そのうちのひとつである肝には、気を全身に行き渡らせる働きがあります。

上や外に向かって伸びやかに拡がる力を提供し、成長とも深い関わりがあります。

ところが、何かに集中したり精神的に緊張が続くとその伸びやかさが失われ、

気の流れが滞ることになります。

滞り過密状態になった気は熱を帯びはじめます。

自然界と同様、熱は上昇する性質があるため、気が滞ると体の上部に熱がこもり、

喉の渇き、目の充血、頭痛、イライラ、不眠などが生じます。

また肝は血(けつ)の巡りにもかかわるため、肝の働きが失調すると

月経トラブルにもつながります。

 

そんな気の巡りに深く関わる肝の働きをサポートし、気を巡らすケアとして

おすすめな方法は、太衝(たいしょう)というツボの指圧です。

足の甲にあるツボで、足の第1指と第2指の間に手の親指を置き、

足首に向かってスライドさせたときに指が止まる場所。

骨と骨の間のくぼみにとります。

深い呼吸とともにゆっくりと指圧しましょう。

また足先には気の働きを活発にするツボがたくさん並んでいます。

足の指でグーチョキパーをしたり、足の指一本一本を揉みほぐすのも◎

 

来週は平年より気温が高くなるそうです。

寒暖の差が大きい季節の変わり目。こまめにセルフケアを取り入れ、

元気に春を迎えましょう。

needle garden 鍼灸サロンの投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典