鍼灸・美容鍼灸なら滋賀県彦根市西今町の鍼灸院|JOY|Relaxing×Conditioning

  • 注目
  • 南彦根駅から徒歩10分!

投稿コラム

一覧に戻る

たかが捻挫、されど捻挫…

投稿日:2018/04/09

お初コラムになります。

 

記念すべきテーマは、スポーツをしていると身近なケガの代表作である『捻挫』!

捻挫とは、関節を捻って(ひねって)しまった状態であり、スポーツ現場では特に足首や手首に多く見られます。今回は、その捻挫をしてしまったときについて考えます。

 

まず、捻挫をしてしまった場合、捻ってしまった患部だけではなく両方の関節を見ましょう。

このときに注意してもらいたいのが、両方を比べて捻ってしまった方が

どの程度、腫れているのか?

どこが赤くなっているか?

関節を動かせるか?動かせた場合どこに痛みが出るか? などです。

 

明らかに腫れがキツい場合や、関節が赤く熱く感じられる場合には、なるべく早く整形外科などの医療機関を受診してレントゲン撮影をしましょう。場合によっては、痛みをあまり感じなくても骨折を伴っているケースがあります。僕がスポーツトレーナーとして数々の現場で活動する中でも『ただの捻挫』として他のトレーナーだけではなく、ドクターに見落とされたケースが多々ありました。また、学生の部活動などに帯同していると、顧問の先生から『たかが捻挫で休むな。冷やしていれば大丈夫』という言葉をよく耳にします。スポーツの現場では、このご時世でも精神論、根性論が蔓延っているのが現状です。僕自身、何でもかんでも大げさに感じることは間違いだと思いますが、どれほど軽くても『念のため』という確認の気持ちは持ち合わせたほうが良いと思います。『されど捻挫』その気持ちが正確な病状把握になり、早期復帰にも繋がると僕は思います。

 

レントゲン撮影の結果、骨に異常がない場合には、次に大切になるのが靭帯への影響です。捻挫においては、ここが大きなポイントだと思っています。次回は、この靭帯への影響と対応について考えてみます。

 

JOY 尾本

彦根市西今町441-10

0749-30-9522

《完全予約制》

JOY|Relaxing×Conditioningの投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典