鍼灸・美容鍼灸なら千葉県市川市本北方の鍼灸院|はりきゅう治療院 快

  • クーポン発行店舗
  • 千葉県市川市の住宅街にある “大人の隠れ家鍼灸院”

投稿コラム

一覧に戻る

肌だけでなく、髪にも大敵…紫外線

投稿日:2019/04/02

こんにちは、はりきゅう治療院 快の戸田 博です。

 

今回もみなさんの日頃のケアにお役立ていただけたら幸いです。

では、よろしくお願いします。

 

 

4月に入りまだ寒さは残るものの、東京では桜も満開となりました。

これからいよいよ暖かくなり春本番…屋外での活動も多くなってきますね。

暑くもなく寒くもなく、一番よい季節でもあります。

 

ですが、そんなよい季節にも厄介なことはつきもので、紫外線の量がピークを迎えるのもこの時期となります。

ご存知の通り、紫外線は老化を招く美容の大敵。

 

 

 

体の部分でいちばん日焼けをしやすい部位は、どこでしょうか?

 

多くの方は、「顔」と考えるかもしれません。

もちろん、顔も太陽の下に晒され続けているわけですから、特に日焼けをしやすい部位に変わりはありません。

 

しかし、さらに日焼けによるダメージを受けやすい部位があります。

 

それが、頭皮…もっと詳しく言うと「髪の分け目」。

 

 

 

頭皮は体の一番上にあり、真っ先に紫外線に当たり、しかもほとんど無防備な部位となります。

顔の2倍以上もの紫外線を浴びている、ともいわれているのです。

 

紫外線は、頭皮だけでなく当然髪への影響も大きなものになってきます。

 

髪はその殆どが「ケラチン」というたんぱく質で構成され、紫外線を浴び続けることで大きなダメージを被るのです。

 

 

 

この時期になると、肌への紫外線対策などの声をよく聞くことがありますが、髪の分け目に関する声はあまり聞くことはありません。

 

髪をいつまでも健康的に保ちたいと思うのなら、髪への紫外線対策も忘れてはいけません。

特に紫外線量が増加する春~夏にかけては、帽子や日傘などを活用し、髪や頭皮になるべく紫外線を当てないような工夫をしましょう。

 

帽子の素材は木綿や麦わらのものなど通気性のよいものを選び、時々帽子を外して蒸れないような工夫をします。

通気性が悪く、頭皮が蒸れてしまうと雑菌を繁殖させ、頭皮トラブルの元となります。

細かいことですが、意外と大事です。

 

 

 

また、空が曇っているからといって油断をしてはいけません。

曇り空でも晴天時の約6割、薄曇りであれば約8~9割の紫外線量があるのです。

 

その他、最近では髪や頭皮にも使える日焼け止めなども販売されており、それぞれ状況に応じて使い分けるといいでしょう。

 

ちなみに健康な頭皮は、青白い色をしています。

 

それがピンク色や茶色く変色しているようであれば、日焼けをしているサインです。

 

そんな方は、ぜひとも紫外線対策を心掛けましょう。

髪の健康のためにも、髪や頭皮の日焼けには十分に気を使いたいものです。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

はりきゅう治療院 快の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典