鍼灸・美容鍼灸なら京都府京都市中京区押小路通柳馬場東入の鍼灸院|うちだ治療院

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 体の不調を根本から改善し、健やかな体作りをサポート

投稿コラム

一覧に戻る

冬になると便秘になりやすいのはどうして?

投稿日:2018/01/09

寒くなるにつれて、便秘を訴えられる患者さんがとても多くなってきました。
 
理由としては、やはり冷えが深く関わっています。
 
身体が冷えると、体温を逃がさないようにと血管が収縮します。
 
血管が収縮して血行が悪くなると、腸の蠕動運動も鈍くなり、便を送り出しにくくなります。
 
また、
 
腸内細菌の善玉菌が活発になる温度は37度以上とされています。
 
腸内温度は体温より約1度高いです(体温が36度なら、腸内は37度)。
 
ということは、平熱が36度より低い低体温の方は気をつけないといけません。
 
腸に良いものをと、ヨーグルトや発酵食品等を一生懸命摂っていたとしても、腸内温度が低いと効果が出にくいです。
 
善玉菌は、蠕動運動を活発にするだけでなく、免疫力を高める働きもあるため、
内臓を温かく保つことはとても重要です。
 
当院では、
 
お腹や腰を温灸でしっかりと温めながら
胃腸の動きを良くするはりを施したり、
お腹の指圧を行ったりと、
色々な方向からアプローチしていきます。
 
 
お灸による深部にまで浸透する温熱刺激は、
自律神経を介して胃腸活動が活発になり血流が促進されますし、
お灸を定期的に続けることで、冷え知らずの身体に近づくことができるのでおすすめです。
 
生活習慣のことも問診で伺い、ご自宅でできる対策もアドバイスさせていただきますので、是非ご相談くださいね。

 

うちだ治療院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典