鍼灸・美容鍼灸なら東京都世田谷区桜上水の鍼灸院|いちろう鍼灸治療院

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 桜上水駅徒歩1分 世田谷区の本格鍼灸治療院

投稿コラム

一覧に戻る

手足のしびれでお悩みの方は世田谷区の「いちろう鍼灸治療院」へ!

投稿日:2017/12/04

正座した後などに感じるしびれは血行が一時的に悪くなった為で心配はありませんが、時間が経っても感じ続けるしびれには注意が必要です。

 

しびれが起きる原因の多くは神経の圧迫によるものです。

腕には大雑把に正中神経・橈骨神経・尺骨神経が走行しておりしびれの感じる部位によってどの神経が障害されているかを鑑別する事が出来ます。

 

手のひらがしびれる(親指・人差し指・中指・薬指の半分だけ)場合は正中神経の障害(手根管症候群など)で親指と小指をくっつける動きもやり辛くなります。

手の甲がしびれる(親指、人差し指、中指)場合は橈骨神経の障害(撓骨神経麻痺・ハネムーンシンドロームなど)で手首を背屈する動きがやり辛くなります。

小指と薬指の半分がしびれる場合は尺骨神経の障害(肘部管症候群など)で手をパーの状態に広げる・閉じる動きがやり辛くなります。

手先だけでなく前腕や上腕までしびれや痛みがある場合は頚椎症や胸郭出口症候群が考えられ、首や腕をどう動かすと症状が悪化するかで障害されている部位をある程度特定する事ができます。

その他、両手足の先(手袋・靴下で覆われるような部分)がしびれる・じんじんする場合は糖尿病の合併症(血行不良により神経が栄養されずしびれる)も考えられます。

西洋医学では上記のようにしびれが起こる原因となっている疾患や神経圧迫箇所を見つけ、それを取り除くことがしびれの治療となります。

 

東洋医学では五臓六腑が身体の大元であるとされ、その五臓六腑に変調があると身体にも症状が現れると考えられています。

しびれの出ている箇所や腹診によるお腹の状態や全身の反応などを考慮し、病がある臓腑を鑑別してその臓腑に対する治療を行います。

手のしびれであっても、足に鍼を打って改善する事があるのは東洋医学が神経や筋肉といった考え方でなく五臓六腑を主体とするその「人」を治療するものであるからなのです。

 

痛み止めを飲んでもなかなか改善されない症状にも、ぜひ鍼灸治療を試してみて下さい! 

いちろう鍼灸治療院

http://ichiro-acu.com/

いちろう鍼灸治療院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典