鍼灸・美容鍼灸なら東京都港区芝浦の鍼灸院|新駒鍼灸院

  • 注目
  • やさしい鍼と気持ちよいお灸の鍼灸院 港区田町

投稿コラム

一覧に戻る

肌のゆらぎ ~ 春先の皮膚トラブル と 冷えのぼせ

投稿日:2018/03/21

毎年、春になると肌のゆらぎを感じる方がふえてきます。

肌荒れやカサつき、じんましん、

吹き出物だけでなく、

アトピーなどアレルギー症状が強くなる方が多くなります。

 

春は芽吹きの季節。

春は気が上に昇ります。

 

東洋医学的な考え方では、

春は身体の上部(上半身)や、外側・表面の症状がおこりやすい季節と考えられています。

 

皮膚トラブルも、それまでにじわじわと身体の内側に溜めこまれたものが

内から外へ溢れ出てきた結果あらわれたもの。

身体の内側からあらわれた症状と捉えられます。

   

新年度の忙しさやストレスがきっかけで引き起こされた症状だとしても、

それはあくまでも、きっかけの一つに過ぎません。

アレルギー由来の皮膚症状や喘息症状の急変も同様です。

 

 

いろいろな薬を肌に添付したり服用しても治らない場合、

身体に積もり積もったものがあらわれておこる症状であることが多いため、

表面にあらわれている症状だけを治めよう、

何とかしようとしても難しいことが多いです。

 

この場合、食事や睡眠や生活リズムをととのえて、

身体の内側からしっかり治すことが大切です。

 

 

また、春は ” 冷えのぼせ ” がおこりがちです。

顔や頭に熱感を感じるのに、足やお腹を触ると冷たい。

 ” 冷えのぼせ ” がおきている場合、

根本にある身体の冷えが解消されないと、のぼせて起こる炎症は長引きます。

 

炎症が起きて痒みや痛みがある時に、

肌を冷やして落ちつかせる必要がある場合でも、

お腹や下半身は冷やさずにしっかりあたためてください。

 

 

*****  新駒鍼灸院  港区芝浦の小さな鍼灸院 より

 

 

新駒鍼灸院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典