鍼灸・美容鍼灸なら和歌山県伊都郡かつらぎ町笠田東の鍼灸院|ハクチョウ鍼灸整骨院

  • 注目
  • 和歌山県初のエコーガイド下治療 足の専門外来

投稿コラム

一覧に戻る

足と靴の話し2

投稿日:2017/11/08

今回の足と靴の話しですが、意外と知られていない『正しい靴の履き方』についてお伝えしたいと思います。

せっかく足に良い靴を買ったのに、正しく靴を履かないと、宝の持ちぐされになってしまいます。もったいないですよね。

 

きちんと靴を履くと、靴の性能が最大限に発揮され、足が軽く感じられる、足元がしっかりとする、歩行が安定する、転倒しにくくなる、など身体に良いことばかりです。きちんと靴を履くのは、いつもの履き方より少し手間ですが、ご自身のためにも実践して欲しいと思います。

 

 

①靴ひも(マジックテープ・ベルト)をゆるめる

靴ひもは一番下まで完全にゆるめてください。

②かかとを合わせる 

椅子に座り、靴に足を入れたら、かかとを床に「トントン」と落としてシューズのヒールカップに密着させます。立った状態で、つま先「トントン」はNGです。

③靴ひも(マジックベルト)を締める

 

靴ひもを締めていきます。つま先を上げたまま、つま先側から一列ずつ順番に締めてください。この時、ヒモは横向きに引っ張って下さい。上に引っ張ると、ハトメ(靴ひもの穴)に抵抗が加わり閉まらなくなります。足の甲と足首の境のハトメは、靴ひものゆるみを取る程度に締めて下さい。

しばらく履いていて、足にしびれや痛みが出るようであれば、それは締めすぎです。心地良いフィット感を感じられる強さが目安です。

 

自分のかかとの位置を靴のかかとにしっかりと合わせることで、靴の設計をする上で想定された足の位置に自分の足を置くことができます。正しい位置に足があることで、靴の設計にそった機能や性能を引き出すことが出来ます。

ハクチョウ鍼灸整骨院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸用語辞典