鍼灸・美容鍼灸なら埼玉県蕨市塚越の鍼灸院|はり灸指圧治療 ぬくまる屋

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 西川口・蕨の間にある、小さなはり灸指圧屋です。

投稿コラム

一覧に戻る

花粉症と対症療法と体質改善

投稿日:2018/02/28

 2月半ばに大風が吹いたあたりから、鼻をぐすぐす言わせている人、目がしょぼしょぼしているとおっしゃる人が、たくさん来店しております。
 
いよいよ花粉症本番の季節ですねー。
 
 春になると暖かくなってきて、お花も咲いて、新しいことも始まる。
本来なら一番うきうきする季節のはずなのに、花粉症のせいで台無し……。
 
 それでもなんでも、このにっくき花粉症をなんとかしなければ始まらない。
皆様、花粉症をなんとかやり過ごすべく、いろいろな治療をされているようです。
 
 
さて、花粉症の治療の考え方には大きく3通りあります。
 
1.とりあえずかゆみや鼻水を抑える
 
鼻や目などがかゆくてぐずぐずするのを抑えること。
アレグラ、アレジオンなどの抗ヒスタミン剤の服用などがこれにあたります。
いわゆる『対症療法』とよばれるものですね。
お薬を飲んでいるときは症状がおさまりますが、薬が切れればもとにもどってしまいます。
 
元に戻っちゃうなら意味ないじゃん!と思われるかもしれませんが、あまり辛い症状を放置したままにしておくと、体力が落ちて別の病気を併発したりすることもあります。
 
対症療法で症状を抑えて辛い時期をやり過ごすことも、とても重要な治療のひとつです。
 
2.アレルゲンを遠ざける
 
アレルゲン(杉などの花粉)を体内に入れないようにすること。
マスクやメガネをしたり、ワセリンを目や鼻のまわりに塗るのが、これにあたります(ワセリンに花粉が吸着するので、鼻や目に入り込まずに済みます)。
そういえば以前ハワイに移住したら、花粉症が治ったなんていう人もいましたね(^_^;)。
 
 
3.花粉症が起きない体質にする
 
いわゆる体質改善。
アレルゲンに過剰反応しない体質に変えて、花粉症そのものを発症しないようにしてしまおうという方法です。
病院で行われる『減感作療法』などがこれにあたります。
『減感作療法』とは、注射やシダトレンなどの舌下薬を使って、アレルゲンを少量ずつ定期的に体内に入れていくことで免疫を慣らして、過剰反応しないようにする方法。
減感作療法以外にも、腸内の細菌環境を整えて免疫の不均衡を調整する、基礎体温を上げることで免疫が正常に働くよう持っていく……など、いろいろな考え方が巷には溢れています。
 
いずれにしても、免疫が花粉に対して過剰反応しなくなるようにするのが、解決の鍵のようです。
 
 
以上3つの考え方に基づくなんらかの治療法を、だいたいの方はそれぞれの状況や予算に応じて実践されてるのではないかと思われます。
しかし、まずほとんどの方はシーズン中に抗ヒスタミン剤を飲んで、マスクで花粉をブロックする…位で終わっているのではないでしょうか。

でも、本当は花粉症そのものが発症しなくなるのが理想なわけで。

そんな訳で、みなさんが一番興味があるのは、3番目の免疫をコントロールする方法なんじゃないかと。
 
でも、一番難しいのも、これ。
 
 例えば、上記の減感作療法は少なくとも3年は続ける必要があるそうです。症状が出てる時はいざしらず、症状が出ていない時も黙々と続けるのは、なかなか大変なものがあります。
減感作療法の興味深い体験記事をみつけました。詳しくはこちら↓
 
 私はちなみに小学生の頃、喘息を治すために注射による減感作療法をやっていましたが、痛くて挫折してしまいました……(泣)。
 
 
 それでも、なかにはいろいろ努力を重ねて、花粉症が起きなくなったよ!と言われるお客様もちらほらいらっしゃいます。
 どのように克服をされたのかとても興味があるので、そういうお客様には片っ端から克服法をきいてまわっているのですが、まー皆さん、十人十色。多彩です。
 
 
体質に合わせてブレンドしてもらった漢方薬を、2年近く飲み続けた方。
 
病院から処方された舌下減感作療法薬をちゃんと続けたという方。
 
甜茶や凍頂烏龍茶を毎日飲み続けたという方。
 
納豆やヨーグルトなどの発酵食品を毎日食べ続けた方。
 
ヨガやピラティスなど運動を続けた方。
 
妊娠して、赤ちゃんを産んだら治っちゃったよ―という方。
 
中にはイチローを真似して朝カレーを食べ続けてたら、いつのまにか治っていたというツワモノも(どういった理屈で治ったのか興味ある〜@_@)!
 
 一口にアレルギー体質といっても、皆さん体質はさまざま。
体質改善のレシピもいろいろなんだなあと、つくづく思い知らされます。
 
さて実は、私も、私の夫も、花粉症克服組です。
 
若い頃は、この時期になるとふたりとも鼻や目を真っ赤にしていましたが、今はときたま鼻がかゆくなったりするくらいで、すっかりよくなってます。
体質にはいろいろあるので、一概に皆さんにも効くとは限りませんが、次回のコラムで、私達の体質改善のレシピを紹介させていただきます。
 
 もちろん、鍼灸も関わってくるお話になりますよ。
 
そう、実は花粉症の対症療法と体質改善には、割と鍼灸が役に立つのです。
花粉症でお困りの方は、お近くの鍼灸院さんに気軽に相談してみてくださいね。
 
次回のコラムは1週間後くらいに更新させていただきます。
お楽しみに!
 
 
西川口 蕨 鍼灸マッサージ アロママッサージ
 
はり灸指圧治療 ぬくまる屋 店主 あいざわゆきこ
 
 
 
 

 

 
はり灸指圧治療 ぬくまる屋の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典