鍼灸・美容鍼灸なら神奈川県横浜市旭区二俣川の鍼灸院|はり灸治療室ここつ 二俣川院

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 横浜市で「鍼灸と漢方」両方使って内側から健康な体に

投稿コラム

一覧に戻る

ホルモン剤と鍼灸漢方はどちらが効きますか?

投稿日:2018/10/03

こんにちは!

はり灸治療室ここつ ここつ漢方薬店

スタッフの芦名です。

 

クリニックで処方されている

排卵誘発剤や黄体補助薬など、

使われている方は多いですが、

処方薬とはり灸施術、漢方薬とが

どう働いていくのか?

拮抗することはないのか?

というところを考えてみたいと思います。

 

例えば

はり灸施術や漢方薬で、血流を良くする

ものを取り入れていた場合。

血流が良くなれば、排卵を促すことにもなりますよね。

ここで、排卵を処方薬(ホルモン剤)で止めている場合、

血流を良くする施術、漢方を取り入れると

排卵してしまうのか?

 

一般的に、ホルモン剤は標的となるものが

限定されていますので、

その働きはとても強いものになります。

はり灸施術、漢方薬は、あくまでも全身の環境を整える、

妊娠しやすい体作りとしてのものになりますので、

ホルモン剤を抑制してまで働けはしません。

 

ですので、効き目はホルモン剤の方が

圧倒的に強い。

しかし、強いことにより、

体の調子を崩される方も少なくありません。

 

お薬を使いながら、はり灸や漢方を取り入れ

体を良い状態にしておいて、

妊娠にのぞむ。

 

体作りは基本の基本です。

頑張りすぎてもいけません。

リラックスして、楽しく

自分を、体を、心を大切に(^_-)-☆

 

妊活無料相談受付中!

はり灸治療室ここつ 二俣川院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典