鍼灸・美容鍼灸なら鹿児島県鹿児島市山下町の鍼灸院|鍼灸マッサージつぼぜん

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 月曜日限定!☆デトックスウォーター☆

投稿コラム

一覧に戻る

顔のむくみ 食事で改善♪

投稿日:2018/07/09

今回のお話しは 『 むくみ 』 です!

 

さて、そもそも “むくみ” とはなでしょうか

 

“むくみ”は 本来は必要の無い水分が代謝されずにたまり、その部位が 腫れる・張る・大きくなる 状態です。

 

つまり、肌の下にある細胞と細胞の間に水分がたまっているのです。

たまらずに肌の上に出てくるものは、“汗”ですね。

 

では、原因はなんでしょうか?

 

むくみの原因は一つではありません。

大きく分けても6つあります

 

①塩分・水分の摂り過ぎ

 血液中の塩分濃度を下げるためには水分が必要です。塩分を取り過ぎてしまうと、濃度を薄めようと水分を溜め込んでしまいます。また、ノドが渇きやすくなりさらに水分を摂り過ぎてしまうのです。そうすると余分な水分が身体にたまり・・・と悪循環です。

ですので、塩分はもちろんですが 水分の摂り過ぎも良くありません

 

②水分不足

上記で水分の摂り過ぎは×!とお伝えしましたが、足りないのも良くありません。体内の水分が不足すると、これ以上水分を逃さないように!!と溜め込んでしまいます。

つまり、水分は多過ぎても少な過ぎても ダメなのです!

 

③睡眠不足・睡眠過多

 ヒトは眠っている間に疲労物質や老廃物などを血液によって回収しますが、睡眠不足ではこの働きが十分に行えず、水分の排出が上手くいきません。

また、睡眠中は身体があまり動かないため 睡眠時間が長過ぎると水分がたまりがちになります。

 

④アルコール

アルコールを呑むとトイレの回数が多くなりませんか?

すると必要以上に水分を排出してまた喉が渇き、さらに水分を摂り 溜め込んでしまいます。

また、飲酒後は血管が拡張して血管から水分が染み出しやすくなります。

 

⑤月経によるホルモンバランスの乱れ

生理前は赤ちゃんを作る準備期間です。身体は良い状態を保とうとして栄養や水分を溜め込み、新陳代謝が落ちるのでむくみやすくなります。

月経10日前~終わり頃までの期間はホルモンバランスの関係でむくみやすくなるのです。

 

⑥血行不良

運動不足・長時間のデスクワーク・冷え などで血行が悪くなると水分・老廃物はたまりがちになります。

 

 

 

どれも日常生活ではありがちですよね。

ではどうすればいいでしょう

 

上記の問題点を踏まえると、塩分と水分の摂取量を考慮して、睡眠はほどほどに、禁酒に適度な運動。。。

もちろんそうすればむくみの改善や予防になるでしょう。

 

しかしなかなかそうも行きません。

 

では今回は“食”についてのご案内♪

 

むくみの改善・予防に大切なのは やっぱり 塩 !!!

と カリウム !!! です。

 

まずは

 

「塩分の1日の摂取量」 厚生労働省の推奨では 男性8g 女性7g

とされ、さらに WHOの推奨は男女ともに1日 5g未満です。

しかし現実の平均摂取量は 男性11.1g 女性9.4g と日常的にかなりオーバーしています。

つまり塩分の摂り過ぎ!! 味噌汁のお味噌を減塩タイプにする、味付けを塩に頼るのではなくほかの香辛料や食材の特徴を活かす など塩分量を少しだけ気にしてみましょう。

 

そして カリウム 

 

カリウムというのは身体の中で必要な成分です。

むくみにとってカリウムの有効なはたらきとして、ナトリウムつまり塩分を排出する作用をもっています。

カリウムが不足すると脱力感・食欲不振・精神障害・不整脈など 身体の不調が現れます。

厚生労働省の1日摂取量の推奨は 男性3000mg 女性2600mg

ですがこちらも現状の平均摂取量は1日 2294mgと男女ともに不足しています。

 

不要な塩は摂りすぎ 必要なカリウムは不足 と むくみの食生活条件としては最悪ですね

 

以下は 食材100gあたりのカリウムの含有量です。多いものを主に載せています。

●こんぶ類 4,000㎎~8,200㎎

●わかめ 5,200㎎~7,400mg

●ひじき 6,400㎎

●いわのり 4,500㎎

●あおさ 3,200㎎

●大豆 1,400㎎~2,100㎎

●アボカド 720㎎

●バナナ 360㎎

●キウイ 290㎎

 

以上のように海藻に多く含まれているようです。

 

結論(まとめ)

塩分は抑えて、カリウムを多めに摂るようにしましょう

減塩タイプのお味噌を使って、海藻味噌汁を日ごろのメニューに入れてみてください。

さらには海藻アボカドサラダなんて最高ですね☆

 むくみ は誰にでも起こります。しかし起こりやすいものだからこそ、今の生活をほんの少しだけ見直せば改善も予防もできるのです。

 

最後に

 

塩分を控えめに!と言っても完全になくしてしまうのはいけません。ナトリウム(塩分)も体に必要な成分です。

 

何事も大切なのは バランス です!

 

鍼灸マッサージつぼぜんの投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典