鍼灸・美容鍼灸なら鹿児島県鹿児島市山下町の鍼灸院|鍼灸マッサージつぼぜん

  • クーポン発行店舗
  • 月曜日限定!☆デトックスウォーター☆

投稿コラム

一覧に戻る

乾燥肌に鍼(はり)って効くの?⇒お答えします!

投稿日:2017/12/20

みなさんこんにちは。

空気が乾燥する 秋・冬。

体調管理は万全ですか? 乾燥して風邪をひきやすい季節でもありますので、栄養水分をしっかり摂りましょう。

この季節、夏のように汗をかくことも少なく ついつい水を飲む機会が少なくなりがちです。

ですが、冬でも身体は渇きます!

 

そこで今回は肌の水分が少なくなることで発生する "乾燥肌"のおはなし。

 

前記しましたが、冬でも身体は渇きます。

それは、寒い季節で汗もかかないし、ノドの乾きも感じにくいため 水分を摂らなくなる上に、空気も乾燥して 外気に触れる肌から水分が失われていくからです。

季節に関係なく水を飲むのは大切なんです!さらには、"水"ではなく 体液に近い"経口補水液"を摂取するのがBESTです。

そして、健康な肌は表面を“皮脂膜”という、体内で生成される膜に覆われ 細菌や汚れなどから肌を守り 肌内部の水分が蒸発しないようになっています。

 

しかし乾燥肌はこの“皮脂膜”がうまく生成されずに薄いか、または 無くなっていることが原因です。

 

【乾燥肌】には

もちろん不足している水分を入れることも大切ですが、その補給した水分をお肌まで行き渡らせ、強いては“皮脂膜”正常に生成することが重要です。

 

 効率よく肌に水分を運ぶのには、鍼(はり)が有効です。

 

乾燥肌鍼(はり)がなぜ効くのかを説明していきます!!

 

 乾燥肌鍼(はり)をします。つまり意図的に“傷”をつくるわけです。

“傷”と言っても安心してください。つぼぜんで使う鍼(はり)髪の毛よりも細いもので、ごくわずか(効果の高い深さまで)しか入れません。

乾燥肌に関連する部位は、そもそも肌表面から0.2mmの厚さしか無いのです。それ以上深く刺しても効果は変わりません。むしろ肌への負担が大きくなるだけです。

ですので、つぼぜんの施術ではそんなムダなことはしません!少ない刺激でバツグンの効果を出す鍼(はり)施術を行います。

と言うわけで、鍼(はり)をして“傷”をつけると、身体の自然治癒力が『傷が出来てるぞー!!』とはたらき出します。

 

 

傷を治すのも全身を巡っている血液中の成分によるものです!

 そして、血液栄養素水分&more...で出来ています!

 

つまり、傷の修復のために集まってきた新鮮な血液によって、やせて元気のなかった細胞に栄養がいきわたり、カラカラになっていた肌に水分が染み込み潤いが戻ります。

元気になった細胞は、正常なターンオーバーサイクルが復活!!!いらなくなった角質を落とし、皮脂膜の生成も回復していきます。

そうなれば、バリア機能も正常に働き出し 乾燥肌の回復だけでなく より健康な肌へと導かれます!

 

肌が元気になれば乾燥しなくなり、悩ましい粉ふき肌がなくなるだけでなく、他にも嬉しいことがたくさん!

 

やっぱりいいでしょ鍼(はり)

 

今後のコラムをお楽しみに~♪

 

つぼぜんでは 患者様のお悩みをじっくりと聞き、ベストな施術を提案いたします。

もちろん、 しっかりと説明をさせていただきご納得いただいてからのスタートですので安心してご利用ください。

不安なことや不明な点があればお気軽にお問い合わせ下さい。どんな質問にも精一杯回答させていただきます。

 

 

 乾燥肌に 鍼(はり)灸という選択はいかがですか?

 

お顔専用のお灸"美灸"が体験出来るのは つぼぜん だけ!!(鹿児島県内)

あなたに秘めた美しさ!引き出すお手伝いをします☆ 

最後までお読みいただきありがとうございました(o^^o)

鍼灸マッサージつぼぜんの投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸用語辞典