鍼灸・美容鍼灸なら東京都渋谷区代々木の鍼灸院|リカバリー代々木治療室

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 代々木で26年の実績、開業29年の信用があります。

投稿コラム

一覧に戻る

梅雨入り前のむくみは冷えが原因!?

投稿日:2019/06/03

 

今週は梅雨入り前の蒸し暑さが来そうですね。

 

早ければ今週末には梅雨入りという予想です。

 

 

 

この時期は、昼間は暑いけど朝夕は気温が下がり、もう一枚羽織らないと・・・という季節です。

 

また急激に気温が上がりましたので、涼しい風に当たると気持ちが良い反面、これからは職場などでの冷房が効きすぎている、と感じる方も増えてくるのではないでしょうか。

 

 

 

先週からだるさ・疲労感・むくみを訴えてご来院される患者様が急増しています。

 

これらはすべて「冷房病」(クーラー病)と呼ばれるものの症状の一部です。

 

みなさんクーラーなどのかけ過ぎで体が冷え、疲れてだるくなっていらっしゃるのですね。

 

 

 

冷房病はこうして起ります。

 

冷たい空気に当たり続けた身体は冷えすぎてしまいます。

 

その冷えから体温を保つために皮膚の血管は収縮しますが、身体の働きで対応しきれないほどの寒さに達するとどうなるのでしょうか?

 

 

 

血管が収縮したままになって血液の循環が悪くなると、疲労物質がたまり、肩こりや頭痛、腰痛、神経痛を引き起こします。

 

代謝が悪くなることで、むくみの症状が現れ、疲れやだるさが起こります。

 

 

 

むくみは皮下に余分な水分が溜まっている状態です。

 

見た目が悪くなるだけでなく、一度むくんだ身体に蓄積された疲労物質は代謝を妨げるため、毒素をため込みやすい体質になっていきます。

 

 

 

毒素は体内で血行を邪魔し、さらなるむくみの原因となりますので、毎日の疲労回復は健康的な生活に欠かせないのです。

 

鍼灸治療では血流を良くして代謝を上げ、むくみや疲れ・だるさを解消することができますので、だるいからと言って市販のお薬や栄養ドリンクに頼るより効果的です。

 

 

 

特にこれから夏に向け、暑くなってから体調がすぐれない方、疲れやすいと感じている方、むくみが酷くなってきたという方は、早めに疲労、だるさ、むくみを解消して毎日快適に過ごしましょう。

 

 

 

もちろん、暑い屋外と寒い室内を行ったり来たりして体温調節が上手くできなくなると、自律神経の乱れから神経痛も出やすくなります。

 

そうした症状でお困りの方もリカバリーでご相談くださいね。

 

リカバリー代々木治療室の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報